国語言葉の意味

「スキーム」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「スキーム」について解説する。

端的に言えばスキームの意味は「計画」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを7年経験したgotanを呼んだ。一緒に「スキーム」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/gotan

ライター歴7年のgotanが、ささいな言葉の意味について悩んだ経験から言葉にこだわるようになった。そんなgotanが「ベネフィット」について解説する。

「スキーム」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 50097746

スキームとは基本的に「計画」や「案」という意味がありますが、主にビジネス用語として使われていることが多いでしょう。ビジネスの場面で使う場合、他に「枠組み」という意味が含まれます。実際のビジネスシーンで使っている人でも、正しい使い方をしていない人もいるようです。正確にどんな意味があるのか、正確に把握していきましょう。

それでは早速「スキーム」の意味や語源・使い方を見ていきます。

「スキーム」の意味は?

「スキーム」には、次のような意味があります。

計画。企画。体系。枠組み。英語の場合、謀略の意味もある。

出典:Goo辞書

「スキーム」は営業だけでなくどんな職種でも使われていますが、実際にどのように使えばいいのか迷う人も多いでしょう。仕事の上で使う場合、スキームは「構想を練る」といった意味で使われています。

広い意味では、作戦計画・策略・計略・目論み・企図という意味で使うこともあるようです。ですから、たとえビジネスシーンでも単なる「計画」や「プラン」の意味で使っているわけではなく、「目標に向けた具体的な枠組み」といった意味をもつ言葉になります。

「スキーム」は単純な「計画」である「プラン」とは違った意味を持ちます。「スキーム」は、その環境が企業などの組織的な場面で使いますから、スキームは単なる計画やプランとは違うことを理解しましょう。また、スキームにはその言葉の前に別の言葉をつなげて「スキーム図」「スキーム論」「販売スキーム」といった使い方をします。それでは、それぞれの使い方を紹介しましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: