国語言葉の意味

「羨望」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

「羨望」の使い方・例文

「羨望」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:47文字

1.プロジェクトリーダーに抜擢された彼は羨望の的である。
2.幸せいっぱいの新婦に羨望の眼差しを向ける友人達。
3.才色兼備の彼女はいつも羨望の眼差しを向けられる。

ID: ↑パーツ内本文:80文字

3つの例文を挙げてみました。

「羨望の眼差し」とは、うらやましいと思う気持ちが眼に表れているさまで、その奥には「自分もそうなりたい」という願望も含まれていますよ。言葉の意味としてはポジティブで憧れに近いニュアンスですね。例文の1と2は、「自分もそうなりたい・あやかりたい」という憧れの意味が強いことが分かると思います。人からうらやましがられる人というのは、その人が自分にはない何かを備えていたり習得していたりと、自分では到底かなわない相手だと「妬み」よりも「憧れ」の気持ちが強くなる表現を「羨望」と言いますよ。

ID: ↑パーツ内本文:256文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「羨望」という言葉には「妬み」の感情が強いのかと思っていたら、むしろポジティブな意味合いが強いんだな。学校で勉強ができるクラスメイトやビジネスシーンでも仕事ができる先輩などに抱く感情が「羨望」に当てはまるな。だが人間にはネガティブな感情もあるぞ。その時はどんな表現が正しいのか、類語や対義語を見るとヒントが隠れてそうだな。引き続き「羨望」について、詳しく学んでいこう。

ID: ↑パーツ内本文:184文字

「羨望」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「羨望」と同じ意味を持つ、どんな言葉があるでしょうか?

ID: ↑パーツ内本文:27文字

その1「憧れ」

「羨望」と聞いて連想する言葉は、やはり「憧れ」ではないでしょうか。「憧れ」は「理想とする物事に強く心が引かれること。」の意。どちらも「うらやむ気持ち」が含まれるので、類義語としてふさわしいでしょう。

両者の違いは、「羨望」は「自分より優位な人」に向けて使われる言葉で、「憧れ」は「理想の人物」に向けて使われる言葉ですよ。ちなみに「憧れ」のことを「憧憬」とも言います。「しょうけい」とも「どうけい」とも呼びますよ。

ID: ↑パーツ内本文:207文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: