国語言葉の意味

「羨望」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「羨望」について解説する。

端的に言えば羨望の意味は「うらやむこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「羨望」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「羨望」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:84文字

「羨望」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

要領よく何でもそつなくこなす人を見ると、うらやましく感じることはありませんか?人は誰しも「憧れ・妬み・嫉妬」といった感情を胸の奥に持っていてもおかしくはありませんよね。今回はそういったうらやむ感情、「羨望」について勉強していきたいと思います。

それでは早速「羨望」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:153文字

「羨望」の意味は?

「羨望」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

1.うらやむこと。
2.うらやましく思うこと。
3.自らの持たない優れた特質、業績、財産などを他者が持つときに起こる、それらへの渇望。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「羨望」

ID: ↑パーツ内本文:86文字

「羨望」は「せんぼう」と読み、「うらやましく思うこと」の意。また「自分が持たない優れた物への渇望」とあります。その対象は、能力であったり財産であったりとさまざまですが、自分にはなくて相手に持っている物に対してうらやましく思う気持ちを表現する言葉ですよ。

「羨望の眼差し」や「羨望の的」といった使われ方をよくしますね。

ID: ↑パーツ内本文:159文字

「羨望」の語源は?

次に「羨望」の語源を確認しておきましょう。

「羨」という字は、「羊の首」の象形の下に「流れる水」「人が口を開けている」象形の組み合わせで、「口を開けた人の水(よだれ)」という解釈をします。それが「羊のごちそうを見てよだれを流す」から「うらやむ・うらやましい」を意味する漢字に成っていますよ。「望」は「のぞむ・願う」の意味があるので、2つの文字を合わせて「うらやむ・そうなりたいと願う」という意味の漢字の成り立ちになりますよ。

ID: ↑パーツ内本文:214文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: