国語言葉の意味

「ベネフィット」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きライターが解説!

その3ダメージ

ダメージは、損害を意味する言葉で、基本的には人に対して使用されますから、たとえば、「足にダメージを受けた」といった使い方をします。

ID: ↑パーツ内本文:65文字

その4ロス

ロスは損失、無駄といった意味で、ビジネスシーンでは損失を表す場合にはダメージよりもロスを使うことが多いでしょう。たとえば、「発注ミスによってロスが生じてしまった」といった使い方をします。

ID: ↑パーツ内本文:93文字

「ベネフィット」の英訳は?

image by PIXTA / 50789120

ベネフィットは英語のBenefitをそのままカタカナで表した言葉です。Benefitの意味や語源についてはベネフィットと同じになりますので、ここでの説明は省きたいと思います。英語の使用例としては、a benefit concert(大きな恩恵)a medical benefit(医療給付)といった使い方があります。

ID: ↑パーツ内本文:159文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまでベネフィットについて、その意味や語源、類義語や対義語を紹介してきたが理解できただろうか?辞典などでは「利益」という意味で掲載されているが、慈善事業や福祉活動などの意味もあって色々と活用できるぞ。また、語源は中世フランス語の「良いことを行う」から発生しているようだ。

ID: ↑パーツ内本文:136文字

「ベネフィット」を使いこなそう

この記事ではベネフィットの意味や使用例、類義語や対義語などを説明しました。また、ベネフィットの使い方なども紹介しましたが、単に「利益」「恩恵」といった辞典での概要以外にも、その他色んな使いどころがある単語であり、知っておくことで語彙力を高めることができてしかも便利な単語です。

ベネフィットはビジネスシーンだけで活用される単語ではなく、あらゆるシーンで活用される使いどころが豊富な名詞です。

ID: ↑パーツ内本文:196文字
1 2 3 4
Share: