国語言葉の意味

「画策」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「画策」について解説する。

端的に言えば画策の意味は「計画を立てる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広告会社で経験を積み、文章の基本と言葉の使い方を知るライターのHataを呼んだ。一緒に「画策」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/Hata

以前は広告会社に勤務しており、多くの企業の広告作成経験を持つ。相手に合わせた伝え方や言葉の使い方も学び、文章の作成や校正が得意。現在はその経験をいかし、ライターとして活動中。

ID: ↑パーツ内本文:87文字

「画策」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「画策(かくさく)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:36文字

「画策」の意味は?

「画策」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

はかりごとをめぐらすこと。ひそかに計画を立てること。また、その計画。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「画策」

ID: ↑パーツ内本文:55文字

「画策(かくさく)」とは、“事前にひそかに計画している”こと。「がさく」と誤って読む場合がありますが、読み方は「かくさく」です。

こっそりと事前に物事の準備や作戦を整えること自体は決して悪いことではありません。ですが「画策」という言葉は、悪い意味で使われるのが一般的です。「画策」という言葉には“相手を陥れてだますための計画”という意味が含まれるため、使用する際は状況やニュアンスに気をつけましょう。

ID: ↑パーツ内本文:225文字

「画策」の使い方・例文

「画策」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:47文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: