平安時代日本史

平安時代の女性の心を映しだす「蜻蛉日記」について元大学教員が5分で解説

よぉ、桜木建二だ。蜻蛉(かげろう)日記とは、藤原兼家と結婚して、のちの右大将道綱を生んだ、藤原道綱母が書いた日記。源氏以前の文学では最高峰と言われている作品だ。不実な夫に傷つながらもつなぎとめようとする女性の姿を垣間見ることがきる。

それじゃあ、蜻蛉日記から分かる平安時代の時代背景や女性の心理について、日本史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

アメリカの歴史や文化を専門とする元大学教員。日本の古典にも興味があり、とくに平安時代がお気に入り。今回は平安時代の女性の心の機微が記された蜻蛉日記について調べてみた。

1.蜻蛉日記とはどんな作品?

image by PIXTA / 50335057

蜻蛉日記とは、藤原兼家と結婚して、のちの右大将道綱を生んだ女性の書いた日記。彼女の本当の名前は伝わっていません。平安時代は、男性が多くの妻をもち、妻たちの家に通うかたちの結婚でした。そのようななか、正妻よりも身分が低い自分の不安、悩み、嫉妬を深く見つめた日記を書いたのです。これが、近代文学につながる道を作った古典とみなされるようになりました。

蜻蛉日記作者とその時代

平安時代、妻の地位は現代のように法律で保護されていたわけではありません。男が通って来なくなったらそれで終わり。即離婚とみなされました。女性の身分は低かったため、それだけ立場は弱かったのです。

このころは藤原北家(ほっけ)と呼ばれる藤原一族が権勢を握り、その他の貴族はものの数でもありませんでした。蜻蛉日記の作者は中級貴族の出身。藤原北家である兼家に求婚され妻の一人となり、息子道綱を生みました。しかし、身分が低いことから、社会的には不安定な立場にありました。

蜻蛉日記は日記を文学に昇華させた作品

蜻蛉日記のエッセンスとなるのが上巻末尾の「なほものはかなきを思へば、あるかなきかのここちするかげろふの日記といふべし」という文。ここにすべてがこめられています。時の権力者の妻でありながら、ひたすら、身分の違いとは何なのかを文学作品に昇華した作品です。

蜻蛉日記は源氏以前の文学では最高峰と称される作品。日記を真の意味での「物語」のようにに書いており、その心理描写はそれまでに見られなかった類ものです。全編に流れているのは、女という立場、妻としての心境、お互いに対等に愛し合うことのできない状況を悲しむ旋律。当時と現代は世界が違うのですが現代にも通じるものがあります。蜻蛉日記に貫かれているのは、まさに「女の悲しみ」でした。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke