国語言葉の意味

「垂涎」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「垂涎(すいぜん)」について解説する。

端的に言えば垂涎の意味は「熱望すること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「垂涎」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

垂涎という言葉で思い浮かぶのは、大好きなウィスキー(とある銘柄の1975年のもの)だとか。香りと味の記憶をたどるだけでよだれがこみあげるほどで、もう入手困難な一瓶に偶然出会ったら財布の中身を気にせず飲んでしまいそうなため、バーでその話題になると期待と不安が入り混じるらしい。垂涎とはどんなときに使う言葉なのか、解説してもらう。

「垂涎」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「垂涎」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「垂涎」の意味は?

「垂涎」には、次のような意味があります。

1.食べたくてよだれを垂らすこと。

2.ある物を手に入れたいと熱望すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

大好きな食べ物を想像して、思わずタラーッとよだれがたれそうになったことはありませんか。空腹時にテレビ番組やSNSでふいに美味しそうなものを目にしたときも、食べたくてたまらない気分になりますね。これがまさに「垂涎」の1つ目の意味です。文字もそのまま「涎(よだれ)」を「垂らす」で「垂涎」となっていますね。

そして、食べ物に限らずとても価値を認めて欲しくてたまらないものがある場合、「喉から手が出る」とか「舌なめずりをする」という表現をすることもありますね。この熱望している状態が、「垂涎」の意味の2つ目です。

なお、「すいぜん」のほかに「すいえん」と読むこともあります。辞書にも「慣用読みですいえん・すいせんとも」と書かれていますよ。

ちなみにこの「垂涎」は、「垂涎する」のように動詞で使っても間違いではありませんが、使用例は昨今の文章ではあまり見かけません。

「垂涎」の使い方・例文

「垂涎」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「垂涎」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: