国語言葉の意味

「致します」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「致します」について解説する。
端的に言えば「致します」の意味は「(する)の謙譲語」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んだ。一緒に「致します」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Ozean

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「致します」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 55465673

「致します」の読み方は「いたします」で、「する」の謙譲語あるいは美化語。それでは早速「致します」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「致します」の意味は?

「致します」には、次のような意味があります。

(補助動詞)動詞の連用形やこれに「お」を付けた形、または、漢語サ変動詞の語幹やこれに「御(ご)」を付けた形などに付く。

㋐補助動詞「する」の謙譲語・丁寧語。多く「いたします」の形で用いる。「お静かにお願い―・します」「御一緒―・しましょう」

㋑補助動詞「する」の尊大な言い方。「即刻、返答―・せ」

出典:コトバンク

「致す」は原則として自分または身内の行為について使います。そのため、聞き手に対してへりくだって表現する語であるとされていますね。ですが、「高気圧が通過いたします」や「選手たちが凱旋いたしました」などのように自分側のことに限らず、話題の人物・事物について使う用法も見受けられます。

また、相手との共同行為について「いかがいたしましょうか」などと使われることもありますね。これらの表現はへりくだりではなく、改まりの表現としての用法です。つまり美化語や丁重語。これらの表現は江戸時代ごろから使われていたもので、必ずしも最近の用法ではありません。

「致します」の語源は?

次に「致します」の語源を確認しておきましょう。

元来、「致します」は「いたる(行きつく意)」の他動詞でした。そのため「いたるようにする」という意味でしたが、ここから「力の限りを尽くす」「結果としてもたらす」などの意味を派生。そして室町時代から「する」「なす」という意味の敬語としても用いられるようになりました。現代においても「思いをいたす」のように原義に近い用法もあるのですが、敬語として使われる用法がほとんどです。

次のページを読む
1 2 3
Share:
Ozean