国語言葉の意味

「所以」の意味や使い方は?例文や類語を文学院生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「所以」について解説する。

端的に言えば所以の意味は「いわれ。やり方。」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、日本文学を専攻し研究している翠を呼んだ。一緒に「所以」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/翠

中古の日本文学を研究している。様々な時代やジャンルの作品を読み、ことばに触れている。中学校と高校の国語科の教員免許も取得しており、ことばについて分かりやすく説明する。

「所以」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 44766136

それでは早速「所以」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「所以」の意味は?

「所以」には、次のような意味があります。

1.(─する)あることがらの理由になること。あることがらによっていること。また、その、よってきたるところ。理由。わけ。いわれ。

2.あることを行なうやり方。

出典:日本国語大辞典 第二版(小学館)「ゆえん」

「所以」は「ゆえん」と読みましょう。「いえん」「しょい」と読むこともありますが、現在、多くは「ゆえん」と読むことで定着しています。意味は「わけ。いわれ。」が第一義です。

「所以」は同じ読み方をする「由縁」と混同されてしまいがちですが、両者は全く異なります。「由縁」は一言でいえば「関係、ゆかり」という意味を持っていますが「所以」とは違いますね。ただ、「由縁」にも「所以」のように「わけ。いわれ。」という意味を持って使われることがあります。これは「所以」と「由縁」が混同してしまったことで「由縁」の意味が異なって伝わったためです。

「所以」の語源は?

次に「所以」の語源を確認しておきましょう。「所以」の語源は明確な一つのものがあるわけではありません。主に二つの説があります。

一つは漢文訓読語の「ゆえになり」が撥音便化して「ゆえんなり」となったところから生じたとする説です。もう一つは「ゆえなり」が撥音を加えて「ゆえんなり」となったところから生じたとする説があります。

漢文が文字表記に大きく関与した日本では「所以」という言葉が使われるようになった歴史は古く、『古事記』からも用例を確認することが可能です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: