国語言葉の意味

「迎合」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターが解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「迎合」の類語に間違えられる言葉に「協調(きょうちょう)」がある。しかしこれらの言葉はまったく異なるものだ。「迎合」は“他人に気に入られる”ために行うことで、相手が自分より立場が上である時に使う。一方で「協調」とは、“互いに協力しあうこと”であり、双方が対等な立場にあり、気に入られようとすることでもない。どちらも相手に合わせる行為ではあるが、根本的に意味が異なることを理解しておこう。

ID: ↑パーツ内本文:217文字

「迎合」を使いこなそう

この記事では「迎合」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「迎合」とはあまりふだん使いする言葉ではありません。ですが、自分の意見を変えてでも相手に取り入ろうとする人、状況には覚えがある人が多いのではないでしょうか。ときには「迎合」を余儀なくされることはあるかもしれませんが、自分の意見を大事に、周囲からの信頼を失うような人にはならないよう気をつけたいものですね。

ID: ↑パーツ内本文:184文字
1 2 3 4
Share: