国語言葉の意味

「迎合」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「迎合」について解説する。

端的に言えば迎合の意味は「他人に合わせること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広告会社で経験を積み、文章の基本と言葉の使い方を知るライターのHataを呼んだ。一緒に「迎合」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/Hata

以前は広告会社に勤務しており、多くの企業の広告作成経験を持つ。相手に合わせた伝え方や言葉の使い方も学び、文章の作成や校正が得意。現在はその経験をいかし、ライターとして活動中。

ID: ↑パーツ内本文:87文字

「迎合」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 10603327

それでは早速「迎合(げいごう)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:36文字

「迎合」の意味は?

「迎合」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

自分の考えを曲げてでも、他人の気に入るように調子を合わせること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「迎合」

ID: ↑パーツ内本文:53文字

「迎合(げいごう)」とは、“自分の意見を変えてでも相手に気に入られるよう合わせる”こと。自分の気持ちよりも、相手に好かれようと調子を合わせる様子を指しています。もともとは、相手のご機嫌を取り気に入られようとする「阿附迎合(あふげいごう)」という四字熟語に由来した言葉です。

自分の考えよりも相手に合わせて受け答えするため、相手の言いなりになっている印象を与えます。そのため「迎合」という言葉は、あまり良い印象では使いません。決して褒め言葉ではならないので、使う際にはニュアンスに注意が必要です。

ID: ↑パーツ内本文:260文字

「迎合」の使い方・例文

「迎合」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:47文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: