この記事では、「隠喩」について解説する。
「隠喩」なんて聞いたのは、はるか昔のお子さま時代に国語の時間にみて以来です。俺は国語が得意教科だったわけじゃないから、あまり印象に残っていないがな。『ものごとをなにかに例えること』ってなんとなく覚えているが、語学的にどうなのかは怪しいもんです。
今回は、シャレた「隠喩」を使いこなしたくてたまらない、っていうライターのぷーやんを呼んです。「隠喩」の意味と使われ方について、説明してもらおうか。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。「隠喩」をオシャレに使いこなせるようになることを夢見ている。

「隠喩」の意味とは?

image by iStockphoto

「隠喩」の意味から押さえていくことにしましょう。

辞書にみる「隠喩」

まずは辞書で「隠喩」がどのように書かれているのかを確認します。

比喩法の一。「…のようだ」「…のごとし」などの形を用いず、そのものの特徴を直接他のもので表現する方法。「花のかんばせ」「金は力なり」の類。暗喩。隠喩法。メタファー。

出典:デジタル大辞泉(小学館) 「隠喩」

桜木先生のおぼろげな記憶は正解でしたね。「隠喩」は比喩の一種で、なにかに例えていることを示す『○○のようだ/みたいだ』という言葉を省略したものです。したがって明確にイメージが湧く例え方をされないと、すこしわかりにくいことになります。

例文で「隠喩」の使い方を確認!

次に、「隠喩」の言葉としての使い方を例文でみてみます。

1.『専用窓口へお電話でお問い合わせのうえ、無料商品サンプルをお試しください』と謳い、『会員になれば安価に買える』『紹介によって会員を増やせば利益の一部を還元する』と入会させて、次々と会員を増殖させる商法が横行している。なかには商品を介さず会員権のみのパターンもあり、この方法は会員数があっという間に増えることを多産に隠喩して、「ねずみ講」と呼ばれる。
2.年末年始の準備に12月は大忙しになる。『先生ですら走らなければならない』という意味の「師走」とは、これを実にうまく隠喩した表現だ。
3.中高一貫校に通っていて入試と縁遠かったため、大学入試に対して手続きから支障がないか心配だった。しかし中学生のとき学習塾で指導してくれていた講師の、『頑張った経験は人生の財宝だ。結果はあとからついてくる』という隠喩表現を思い出して、頑張っている。

例文1、2、3ではそれぞれ、『ねずみ』『師走』『財宝』が隠喩表現ということになります。

ちなみに例文1の前半で紹介されているような、『商品』を扱って会員を指数関数的に勧誘させていく商法は、『マルチ商法』です。いずれも会員が無限に増えていくことを前提として、儲かる仕組みとなっています。しかし当然そんなことは不可能なので、いつかは破綻して入会者は大損することも。うますぎる話には気を付けたいものですね。

「隠喩」の類義語には何がある?

image by iStockphoto

「隠喩」の類義語を2つ挙げます。いずれも類義というよりは、同義といったほうがいいかもしれません。

暗喩:『○○のようだ』という形を取らない比喩

「隠喩」の別名で、同じ意味の言葉です。

メタファー:隠喩や暗喩の英語

のちに英語訳でも紹介しますが、「メタファー」は隠喩の英語訳です。また、外来語として「メタファー」というときは、『明確には示されないが、なんらかの象徴になっているもの』というニュアンスも。ちなみに「メタ」は「高次」という意味の接頭辞です。そしてここでの「高次」とは、「抽象的」ということ。この概念は複雑なものごとを整理するのにとても役立つので、覚えておくといいと思います。

「隠喩」の対義語はなにがある?

「隠喩」の対義語を2つご紹介します。ここで挙げる2つの言葉は、同義語です。

直喩:『○○のようだ』という形の比喩表現

『隠』に対して『直』の字を使って、直球的な比喩であることを表していますね。

\次のページで「明喩:『○○のようだ』という形の比喩表現」を解説!/

明喩:『○○のようだ』という形の比喩表現

こちらは「隠喩」の類義語で挙げた『暗喩』のなかの『暗』の反対語『明』を使って、明らかな比喩表現であることを示しています。

「隠喩」は英語ではなんという?

「隠喩」の類義語と対義語を示してきました。それらのどちらにもあまりバリエーションのない「隠喩」ですが、英語訳はどうでしょうか。

metaphor:メタファー

類義語で挙げた「メタファー」の英語表記です。これ以外に「隠喩」を簡潔に表す英語訳はありません。類義語や対義語の少なさに加えて、英語表現も一つということになります。「隠喩」はそれだけ代えのない、特殊な言葉だということでしょう。

「隠喩」は便利で面白い?

image by iStockphoto

「隠喩」でなにかをうまく表現できると、とても気持ちのいいものです。そんな「隠喩」には、どんなメリットがあるのでしょうか。

「隠喩」の効果とは?

「隠喩」には、次のような効果があります。

・文章が短くなって引き締まる。
・コミュニケーションが円滑になる。
・具体的なイメージとして伝えられる。

ただし先にも述べましたが「隠喩」は『○○のようだ』のように、明らかに比喩であると示しません。そのため「隠喩」で使用する言葉の選択を間違えると、かえって伝わらなくなります。

「隠喩」の例を考えてみよう!

最後に、「隠喩」の例をいくつか考えてみます。以下の文中で『』で囲まれた部分が「隠喩」です。

1.知識は『水』だ。独占してはいけない。
2.子育ては『戦争』だ。
3.統計調査は社会の状態を把握する『鍵』になる。
4.社会のIT化のためには個人情報の厳重な管理が『肝』となる。
5.彼は『プリニー式』の怒り方をする。
6.あのそっけなさは『氷』どころか『スノーボールアース』の心だ。

1はあるお笑い芸人のネタです。地味にいいことを言っていますね。2~4はしばしば聞かれる表現ではないでしょうか。それぞれ、大変なことを『戦争』に、糸口となることを『鍵』に、重要であることを『肝』に例えています。

5と6については、地学履修者のマニアックな会話です。『プリニー式』とは、とても激しい火山噴火のこと。『スノーボールアース』は地球史上で実際にあった、地球全体が氷で覆われたイベントを指します。

「隠喩」を綾なして一段上のコミュニケーションを

この記事では「隠喩」について言葉の意味を解説し、その効果と例を示しました。

うまい言い回しの「隠喩」は、そう易々と思いつくことのできるものではありません。言葉のチョイスを間違えると言いたいことが伝わらなかったり、誤解を招いたりする危険もあります。しかし「隠喩」がきれいに決まったときの爽快感は、なかなか得難いものです。また、そんな表現を見聞きするのもいい刺激になります。

この記事が「隠喩」を使いこなし、洒脱なコミュニケーションを取ることにつながれば幸甚です。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 簡単でわかりやすい「隠喩」の意味と使い方!暗喩・直喩との違いや例文・英語・類語・対義語をwebライターが詳しく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

簡単でわかりやすい「隠喩」の意味と使い方!暗喩・直喩との違いや例文・英語・類語・対義語をwebライターが詳しく解説!

この記事では、「隠喩」について解説する。
「隠喩」なんて聞いたのは、はるか昔のお子さま時代に国語の時間にみて以来です。俺は国語が得意教科だったわけじゃないから、あまり印象に残っていないがな。『ものごとをなにかに例えること』ってなんとなく覚えているが、語学的にどうなのかは怪しいもんです。
今回は、シャレた「隠喩」を使いこなしたくてたまらない、っていうライターのぷーやんを呼んです。「隠喩」の意味と使われ方について、説明してもらおうか。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。「隠喩」をオシャレに使いこなせるようになることを夢見ている。

「隠喩」の意味とは?

image by iStockphoto

「隠喩」の意味から押さえていくことにしましょう。

辞書にみる「隠喩」

まずは辞書で「隠喩」がどのように書かれているのかを確認します。

比喩法の一。「…のようだ」「…のごとし」などの形を用いず、そのものの特徴を直接他のもので表現する方法。「花のかんばせ」「金は力なり」の類。暗喩。隠喩法。メタファー。

出典:デジタル大辞泉(小学館) 「隠喩」

桜木先生のおぼろげな記憶は正解でしたね。「隠喩」は比喩の一種で、なにかに例えていることを示す『○○のようだ/みたいだ』という言葉を省略したものです。したがって明確にイメージが湧く例え方をされないと、すこしわかりにくいことになります。

例文で「隠喩」の使い方を確認!

次に、「隠喩」の言葉としての使い方を例文でみてみます。

1.『専用窓口へお電話でお問い合わせのうえ、無料商品サンプルをお試しください』と謳い、『会員になれば安価に買える』『紹介によって会員を増やせば利益の一部を還元する』と入会させて、次々と会員を増殖させる商法が横行している。なかには商品を介さず会員権のみのパターンもあり、この方法は会員数があっという間に増えることを多産に隠喩して、「ねずみ講」と呼ばれる。
2.年末年始の準備に12月は大忙しになる。『先生ですら走らなければならない』という意味の「師走」とは、これを実にうまく隠喩した表現だ。
3.中高一貫校に通っていて入試と縁遠かったため、大学入試に対して手続きから支障がないか心配だった。しかし中学生のとき学習塾で指導してくれていた講師の、『頑張った経験は人生の財宝だ。結果はあとからついてくる』という隠喩表現を思い出して、頑張っている。

例文1、2、3ではそれぞれ、『ねずみ』『師走』『財宝』が隠喩表現ということになります。

ちなみに例文1の前半で紹介されているような、『商品』を扱って会員を指数関数的に勧誘させていく商法は、『マルチ商法』です。いずれも会員が無限に増えていくことを前提として、儲かる仕組みとなっています。しかし当然そんなことは不可能なので、いつかは破綻して入会者は大損することも。うますぎる話には気を付けたいものですね。

「隠喩」の類義語には何がある?

image by iStockphoto

「隠喩」の類義語を2つ挙げます。いずれも類義というよりは、同義といったほうがいいかもしれません。

暗喩:『○○のようだ』という形を取らない比喩

「隠喩」の別名で、同じ意味の言葉です。

メタファー:隠喩や暗喩の英語

のちに英語訳でも紹介しますが、「メタファー」は隠喩の英語訳です。また、外来語として「メタファー」というときは、『明確には示されないが、なんらかの象徴になっているもの』というニュアンスも。ちなみに「メタ」は「高次」という意味の接頭辞です。そしてここでの「高次」とは、「抽象的」ということ。この概念は複雑なものごとを整理するのにとても役立つので、覚えておくといいと思います。

「隠喩」の対義語はなにがある?

「隠喩」の対義語を2つご紹介します。ここで挙げる2つの言葉は、同義語です。

直喩:『○○のようだ』という形の比喩表現

『隠』に対して『直』の字を使って、直球的な比喩であることを表していますね。

\次のページで「明喩:『○○のようだ』という形の比喩表現」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: