国語言葉の意味

「アナライズ」の意味や使い方は?現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「アナライズ」について解説する。

端的に言えば「アナライズ」の意味は「解析」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んだ。一緒に「アナライズ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「アナライズ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「アナライズ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「アナライズ」の意味は?

「アナライズ」には、次のような意味があります。辞典や辞書などで正確な内容を確認しましょう。

1.分析すること・分析

出典:デジタル大辞泉(小学館)「アナライズ」

「アナライズ」と聞くとどんなことを連想しますか。データなど解析を連想したあなたは勘が鋭いでしょう。「アナライズ」とは、「分析すること・解析すること」の意。ビジネス分野では「市場をアナライズする」・「問題点をアナライズする」のように「物事を分析し、今後の仕事をどのように進めていくのかという場面」で使われることが多いでしょう。また、科学分野では「データの結果をアナライズする」のように使用され「実験結果を解析する」という意味を表していますよ。

「アナライズ」の語源は?

次に「アナライズ」の語源を確認しておきましょう。「アナライズ」はラテン語の「analuosis」から由来していますよ。「analuosis」の「analuo」は「ほどく・分解する」の意。「sis」は「~すること」を示しています。「analuo」と「sis」が組み合わさって「分析する・解析する」という意味が構築されたと言われていますよ。「アナライズ」について理解が深まりましたね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: