国語言葉の意味

「勘案」の意味や使い方は?例文や類語を広報担当者ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「勘案」について解説する。

端的に言えば勘案の意味は「考え合わせる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広報担当者としての経験を持つライター「井上 樹」を呼んだ。一緒に「勘案」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

mi0929im

ライター/井上 樹

“広報担当者”としての顔を併せ持つライター。「単語の意味レベルでも、誤った情報は発信しない」をモットーにしている。今回は「勘案」について分かりやすく解説していく。

「勘案」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「勘案」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「勘案」の意味は?

「勘案」には、次のような意味があります。

あれこれと考え合わせること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「勘案」

「勘案」は「かんあん」と読み、ビジネスシーンや公的機関が出すような文章で使われる言葉です。冒頭で桜木さんが説明したように、「考え合わせる」という意味を持ち、複数の事柄を参考にして、深く考えるというニュアンスがあります。

「総合的に勘案しました」というように、複数の事情を踏まえて考える時に使われるのが一般的です。

また、勘案で使われる“勘”は「ピンと来る」の勘の意味も兼ね備えており、経験したことから推測するという意味合いも含まれています。勘案の具体的な使い方は、後で例文を紹介しますね。

「勘案」の語源は?

次に「勘案」の語源を確認しておきましょう。

使われている漢字を見てみると、「比べ合わせる」という意味をもつ「勘」、そして「考える内容」を表す「案」で出来た形になっています。この2つの言葉が合わさったことで、「勘案」は色んな事柄を比べ合わせて考える、という意味合いを持つ言葉になりました。

「勘案」の使い方・例文

勘案は先ほど「ビジネスシーンや公的機関が出すような文章で使われる」と紹介しましたが、日常会話で使われることはあまりありません。実際にはどんな使われ方をするのでしょうか。以下の例文を見ながら、「勘案」の使い方を理解していきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
mi0929im