国語言葉の意味

「逞しい」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「逞しい」について解説する。

端的に言えば逞しいの意味は「頑丈で強そう」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んだ。一緒に「逞しい」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/むかいひろき

2年間在住したロシアで日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「逞しい」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「逞しい」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「逞しい」の意味は?

「逞しい」には、次のような意味があります。

1.からだが頑丈で、いかにも強そうに見える。「―・い腕」
2.意志が強く、多少のことではくじけない。「―・い精神」
3.意気や勢いが満ちあふれている。「―・い生命力」「―・い食欲」「想像力が―・い」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「たくまし・い【×逞しい】」

逞しい」は「たくましい」と読み、「1.体が頑丈で強そう」「2.意志が強く、多少のことではくじけない」「3.意気や勢いが満ちあふれている」という3つの意味を持った言葉です。

1の肉体的な強さの意味の他に、2のような精神的な強さを表す意味もあります。3は「肉体的・精神的に勢いがあって元気だ」というニュアンスです。

「逞しい」の語源は?

次に「逞しい」の語源を確認しておきましょう。逞しいの語源には以下のような説があります。

1.「太陽の昇るにつれて光輝のますこと」を古くは「立来益(タクマシ)」と言い、これが「逞しい」に変化した。

2.古語「猛(タケマシ)」「武(タケマシ)」が変化して「逞しい」になった。

「逞しい」には3つの意味がありますが、まずは3の意味が810~814年(平安時代)の『霊異記』で確認されています。次に1の意味が1080~1110年(平安時代)ごろの『大慈恩寺三蔵法師伝院政期点』に、2の意味が1463~1464年(室町時代)の『ささめごと』に記述が確認されている古い言葉です。時代が下るにつれて意味が増えていったようですね。

「逞しい」の使い方・例文

「逞しい」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.プロレスラーの岩田さんの腕や脚は本当に逞しい
2.のぼる君は成長するにつれ体つきがどんどん逞しくなった。
3.田中さんはどんなに馬鹿にされてもくじけない、逞しい精神力の持ち主だ。
4.周囲に反対されても「気にしないで、大丈夫」と自分の意志を貫いた彼女は本当に逞しい
5.新人でありながら森さんの仕事っぷりは逞しい。営業成績も優秀だ。
6.弟の逞しい食べっぷりを見ていたら、自分もお腹がすいてきた。

例文1と2では、「逞しい」は「体が頑丈で強そう」という意味です。例文1は「岩田さんの腕や脚は頑丈で強そう」、例文2は「体つきがどんどん頑丈で強そうになっていった」という意味になります。

例文3と4では、「逞しい」は「意志が強く、多少のことではくじけない」という意味です。例文3は「意志が強く簡単にはくじけない精神力の持ち主」、例文4は「彼女は本当に意志が強く、多少のことではくじけない」という意味になります。

例文5と6では、「逞しい」は「意気や勢いが満ちあふれている」という意味です。例文5は「森さんの仕事っぷりは勢いがあって良い」、例文6は「弟の勢いのすごい食べっぷりを見ていたら」という意味になります。

これらの例文のように「逞しい」はプラスのニュアンスで使用されることが一般的です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「逞しい」は「体が頑丈で強そう」「意志が強く、多少のことではくじけない」「意気や勢いが満ちあふれている」という3つの意味を持った言葉だ。スポーツでも勉強でも仕事でも、何かに一生懸命取り組んでいる人間の心は逞しいな。みんなも何か1つでも一生懸命になれるものを持っておくことが重要だぞ。

「逞しい」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「逞しい」の類義語には「強靭」「猛々しい」があります。意味や使い方を見ていきましょう。

その1「強靭」

強靭」は「きょうじん」と読み、「しなやかで強いこと」「柔軟で粘り強いこと」という意味を持った言葉です。「強靭」の形で使われることが多いですね。「強靭な肉体」「強靭な精神力」のように、「逞しい」とほぼ同じ意味になることがあります。

ただ、「強靭」には「逞しい」の「3.意気や勢いが満ちあふれている」という意味はありません。また、「強靭な医療体制」や「強靭な企業運営体制」などのように、身体以外の社会の仕組みやシステムに対して使用ができるのも「強靭」の特徴です。

次のページを読む
1 2 3
Share: