国語言葉の意味

「危惧」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「危惧」について解説する。

端的に言えば危惧の意味は「心配し恐れること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んだ。一緒に「危惧」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

kohki

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「危惧」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「危惧」は「きぐ」と読みます。また「危懼」と書いて「きく」と読むことも。どちらも意味は同じです。それでは早速「危惧」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「危惧」の意味は?

「危惧」には、次のような意味があります。

あやぶみ、おそれること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「危惧」

「危惧」は、ある状況を心配し恐れるときに使う言葉です。「危」は「危-ない(うい)」、「惧」は常用漢字表外ですが「おそ-れる」と読みます。

「絶滅危惧種」という語句は、文字どおり絶滅の恐れが極めて高い野生生物一般に使われる言葉です。

「危惧する」は能動的に心配することですが、「危惧される」は第三者的立場で使います。気象庁の発表などで「豪雨による災害が危惧されます」とアナウンスされますね。これは自分自身の身の上より他人を心配しての発言です。普段はあまりこのようなむずかしい表現は使いませんが「家族の安否を危惧する」という場合は、自らが心配する立場で発せられます。

「危惧」の語源は?

「危惧」の語源には確かな文献は存在しません。『「危惧」の意味は?』で解説したとおり、「危-ない(うい)」と「惧(おそ-れる)」という同じような意味をもつ文字を結合してできあがったものです。言葉の語源は中国から伝わったものが多いのですが、「危惧」の語源となるものはありません。どうも日本で生まれた表現だと考えられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kohki