国語言葉の意味

「所用」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章に携わってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「所用」について解説する。

端的に言えば「所用」の意味は「用事」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つベテランのKAIKAIを呼んだ。一緒に「所用」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の意味には自信あり。

「所用」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「所用」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「所用」の意味は?

よく会社を休む時に「所用のためお休みをいただきます」などと言います。また似た言葉に「私用」があり、「私用のためお休みをただきます」と言っても間違いはなさそうです。この二つはどう違いうのでしょうか。「所用」の正しい使い方と意味について詳しく勉強しましょう。

「所用」には、次のような意味があります。

1.用いること。用いるもの。
2.用事。用件。「所用のため外出する」


出典:デジタル大辞泉(小学館)「所用」

「所用」は上記のように二つの意味がありますが、会社などにおける仕事上ではほとんど2の「用事」の意味です。「所用」は、かしこまった感じの言葉ですので、通常、自分より身分が同じかそれ以上の人に向かって使われます。「所用のため外出する」とは「用事があるため出かけます」のかしこまった言い回しです。しかし、うっかり遅刻をしてしまったような場合はあいまいに「所用のため」とは言わずにはっきりと理由を伝えた方がいいでしょう。

「所用」の語源は?

次に「所用」の語源を確認しておきましょう。

「所用」は「用いる事」や「用事」という意味です。「所」は「~するところの」のことで動作や作業内容を示します。「用」は「しなければならない仕事」のことです。この二つをつなげると「しなければならない仕事や作業」つまり、「用事」ということになります。「所用」は「用事」のかしこまった表現ということです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: