国語言葉の意味

「ご愛顧」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ご愛顧」について解説する。

端的に言えばご愛顧の意味は「ひいきにすること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説好きで言葉の意味を調べるのが趣味な山田を呼んだ。学生時代は塾講師もしていたぞ。一緒に「華奢」の意味や例文、類語などを見ていこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぜーた

小説が好きで、日々日本語について調べたりしている。学生時代には塾講師の経験もありWEBエンジニアとして勤務中。この記事が学びになるように精一杯解説する。

「ご愛顧」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「ご愛顧」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ご愛顧」の意味は?

「ご愛顧」には次のような意味があります。

1.贔屓にすること、特に商品やサービスのリピーターとなって目をかけること。「御愛顧」とも書く。
出典:welbio辞書「ご愛顧」

「ご愛顧」は「ごあいこ」と読み「贔屓にすること、目をかけること」を意味します。「愛顧」は「愛する・可愛がる」という意味を持つ「愛」と、「かえりみる・振り返る」という意味を持つ「顧」で成り立っている言葉です。「愛顧」に丁寧な表現の「御」をつけた敬語として「ご愛顧」となり、仕事現場でもお世話になっている目上の人や、贔屓にしてくれる顧客などに利用されます。

ご愛顧を利用する注意点は「自分に対しては使えない」ことです。「私はこの店をご愛顧している」は、自分の行動に対して丁寧な表現をしているので、不適切な表現となるので、覚えておきましょう。

「ご愛顧」の使い方・例文

「ご愛顧」の例文を使って使い方を見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「ご愛顧」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: