国語言葉の意味

「悼む」の意味や使い方は?例文や類語を文学部卒現役ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「悼む」について解説する。

端的に言えば悼むの意味は「悲しみ嘆く」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

高校で国語教師をしていた経歴を持つ、現役ライターのhiyoriを呼んだ。一緒に「悼む」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
hiyoti_03

ライター/hiyori

大学で近現代日本文学を専攻し、その知識を生かして国語教師として教壇に立っていた経歴を持つ。現在はライターとして様々な情報を発信している。難しい言葉もわかりやすい説明で解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:90文字

「悼む」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 72839076

皆さんは「悼む」という言葉の意味をご存じですか?「悼む」は第140回直木賞を受賞して話題になり、映画化した天童荒太の『悼む人』という作品でテーマになった言葉です。ですが、日常的に使用される言葉ではないため、読み方や意味を知らない人も多いのではないでしょうか。今回はそんな「悼む」について解説していきたいと思います。

それでは早速「悼む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:189文字

「悼む」の意味は?

「悼む」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

人の死を悲しみ嘆く。

出典:大辞林 第3版(三省堂)

ID: ↑パーツ内本文:27文字

「悼む」は「いたむ」と読み、人の死を嘆き悲しむことを意味する言葉です。亡くなった人を思い出して悲しんだり、お悔やみの言葉を送る際に使用されます。使用する対象は故人に限定されており、けがや病気を患っている生きている人に対しては使うことができないので注意しましょう。また、多くの場合は亡くなった知らせを聞いた時や葬儀の場など、直近の死に対して使用されます。しかし、終戦記念日などで死者を追悼する際に使用されているように、過去に亡くなった人にも使用できることも覚えておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:237文字

「悼む」の語源は?

次に「悼む」の語源を確認しておきましょう。

「悼」は「心臓」の象形で感情を意味する「忄」と、「人」「太陽」「人の頭」の象形で高く躍り上がるという意味を持つ「卓」から構成されています。この「忄」と「卓」から、人の死によって心が悲しみで動揺するという意味の「悼」が成り立ちました。

ID: ↑パーツ内本文:139文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hiyoti_03