国語言葉の意味

「キャプション」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「キャプション」について解説する。

端的に言えばキャプションの意味は「記事の見出し」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師歴5年のれお先生を呼んだ。一緒に「キャプション」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/れお先生

教壇に立って、授業をすること5年。今も現役塾講師として、中学生・小学生を指導している。塾での経験を活かし、子供でも分かりやすい記事の作成を心がける。

ID: ↑パーツ内本文:74文字

「キャプション」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

インスタグラムなど、自分が取った写真をアップするSNSは多くあります。そこでよく使われる言葉が「キャプション」です。それでは早速「キャプション」の意味や使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:89文字

「キャプション」の意味は?

「キャプション」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:24文字

キャプション【caption】
1 印刷物で、写真や挿絵に添えた説明文。ネーム。

2 本の章・節、記事などに付けた見出し。

3 映画の字幕。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「キャプション」

ID: ↑パーツ内本文:96文字

「キャプション」の意味1は、写真や挿絵の説明文という意味です。また、印刷物ではありませんがSNSで写真や絵をアップロードするときにも、内容が分かるように書く説明文のことを「キャプション」といいます。ここで「キャプション」を目にすることが今日本では、1番多いのではないでしょうか。また、写真や挿絵に添えた説明文を「キャプション」ではなく「ネーム」ということもあります。

「キャプション」の意味2は、見出しです。本や記事に何が書いているのかを伝える役割があり、字数は決まっていませんが、短く分かりやすくキャッチーな言葉で書かれます。最近では、インターネットのサイトの記事でも情報発信があるので、見出しはとても重要です。サイトで紹介している商品の魅力を上手く伝えられる「キャプション」だと、売上も上がる傾向にあります。

「キャプション」の意味3は、映画の字幕です。ハリウッド映画など、字幕がつけられている映画は多くあります。「キャプション」の意味は以上です。「キャプション」には、主となるものがありそれを説明するという要素が意味から考えられます。

ID: ↑パーツ内本文:472文字

「キャプション」の使い方・例文

「キャプション」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:51文字
次のページを読む
1 2 3
Share: