イタリアヨーロッパの歴史世界史古代ローマ

3分で簡単「ディオクレティアヌス」不安定な軍人皇帝時代を終結させた皇帝を歴史オタクがわかりやすく解説

「ディオクレティアヌス」はローマ帝国の皇帝のひとりで、ローマ帝国の大きな転換期を作った。それまで続いていた軍人皇帝時代を終わらせ、不安定だったローマの情勢を落ち着かせたんです。それだけ聞くと歴史上の英雄として申し分ないよな。ですが、ディオクレティアヌスもいいところばかりじゃない。今回は歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒にそんな「ディオクレティアヌス」についてわかりやすく解説していきます。

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。歴史のなかでも特に古代の国家や文明に大きな関心を持つ。今回はローマ帝国の皇帝のひとり「ディオクレティアヌス」についてまとめた。

1.古代ヨーロッパの大帝国ローマの危機

image by PIXTA / 47462612

「三世紀の危機」到来

ローマ帝国の全盛期とされる「五賢帝時代」が終わると、徐々にローマに暗雲が垂れこみ始めます。その最初となったのが、五賢帝時代に続くセウェルス朝の混乱でした。五賢帝最後の皇帝「マルクス・アウレリウス・アントニヌス」の後継者コモンドゥスが暗殺され、ローマ各地に「自分こそが皇帝だ」と自称するものが現れ、皇帝の座を巡る争いが起こります。「セプティウス・セウェルス」がその戦いを制して193年に皇帝に即位するのですが、そのころのローマは、天然痘の流行や軍人の高齢化、そして各地の反乱により軍団の人手不足が深刻化していました。

ヨーロッパを広く支配していたローマ帝国が弱体化したことにより、それまで保っていた「ローマによる平和(パクス・ロマーナ)」が崩れ去ったのです。

不安定な軍人皇帝時代

セウェルス朝の皇帝たちがローマを安定させられないままセウェルス朝最後の皇帝セウェルス・アレクサンデルが暗殺されてしまいます。そうして、235年にマクシミヌス・トラクスが軍人から推薦されて即位。しかし、マクシミヌス・トラクスの即位を不服に感じていたローマの元老院が反抗し、彼もまた打たれてしまいます。

ただ、この当時のローマは北方はゲルマン人、東方はササン朝ペルシアの侵入が続いていて、それを命がけで抑える軍人の発言力が高まっていました。そのため、元老院は軍団を抑えることができなかったのです。軍団は、マクシミヌス・トラクスの後も、軍人のなかから推薦した人物を皇帝に即位させていきます。

軍団に推薦された軍人が皇帝に即位していた時代を「軍人皇帝時代」といいました。しかし、軍人皇帝の力は、皇帝を推した軍団の力に左右されることに。さらには、一、二年で皇帝が暗殺されるなど不安定な状況が続くような事態になります。このように短命な政権が続いたことでローマ皇帝の権威は低下し、帝政の基盤が崩壊していったのです。

2.ディオクレティアヌスの登場

image by PIXTA / 54264813

\次のページで「奴隷から皇帝へ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: