国語言葉の意味

「皮算用」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「皮算用」について解説する。

端的に言えば皮算用の意味は「目算」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験したKAIKAIを呼んだ。一緒に「皮算用」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の意味には自信あり。

「皮算用」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「皮算用」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「取らぬ狸の皮算用」ということわざを聞いたことがあると思います。妄想ばかりを抱いていて実際にそこにたどり着いていないことをよく言いますね。このことわざに使われている「皮算用」の正確な意味や語源、使い方、類語を詳しく調べてみましょう。

「皮算用」の意味は?

「皮算用」には、次のような意味があります。

《ことわざ「取らぬ狸(たぬき)の皮算用」から》物事がまだ実現しないうちから、それを当てにしてあれこれ計画を立てること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「皮算用」

「取らぬ狸の皮算用」ということわざにある「取らぬ」は「捕らぬ」とか「獲らぬ」と言う字をあてることもあります。「算用」とはお金などを数えることです。そして、「皮算用」とは、まだ手に入っていないものの利益などをあてにして、あれこれと計画をまぐらすことを言います。例えば、ギャンブルでありえない儲けの予想を立てて、それが実現するものと思い込み、その儲け予想をあてにして車を購入する計画を立ててしまったりすることです。

自分のすることに対しては「皮算用」は使わず、「あなたのすることは皮算用だ」といったように相手を責めたり、指摘したりする意味で使われます。具体的には「皮算用をする」とか「皮算用だ」とか「皮算用でしかない」といった表現を使うのです。

「皮算用」の語源は?

次に「皮算用」の語源を確認しておきましょう。

「皮算用」は、ことわざの「取らぬ狸の皮算用」の中で使われている言葉です。昔、狸の毛皮は大変高級なものとされていました。猟師は狸の毛皮を売ってご馳走を食べることを計画していて、狩りの前に買い出しをする人もいたそうです。しかしいざ、狩りに行ってみると狸を捕まえることができません。このように何かをする前に、それが成しとげられた前提で計画をし、結局何も成しとげられなかったことを「取らぬ狸の皮算用」と言うようになりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: