国語言葉の意味

「慈悲」って何?なぜ「悲」しい字?意味や使い方、類語・英訳などを語学系主婦ライターがわかりやすく解説

この記事では「慈悲」という言葉について解説する。
「慈悲(じひ)」とは仏教用語で、仏や菩薩が人々をあわれみ、楽しみを与え、苦痛を取り除くこと。一般的にも人をいくつしみ、憐れむ、優しい心をいう。ちょっと難しいが文書書籍はもちろん口語でも使われる言葉だ、しっかり理解しよう。
今回はドイツ語英語に精通する語学系主婦ライター・小島ヨウを呼んです。一緒に「慈悲」の意味や使い方、英訳などをチェックしていきます。

ライター/小島 ヨウ

言葉の使い方、漢字の意味に興味を持ち、辞典で調べまくるアナログ主婦ライター。分かりやすく、読みやすい文章を心がけている。

「慈悲」の意味や使い方

image by iStockphoto

「慈悲」は仏教で重視されるとても大事な言葉で、簡単に説明することは難しいです。ここでは仏語での基礎知識的な意味、一般的な使い方をご紹介します。

「慈悲」とは

「慈悲」を辞書で調べると次のように書かれています。

1.仏・菩薩 (ぼさつ) が人々をあわれみ、楽しみを与え、苦しみを取り除くこと。
2.いつくしみ、あわれむこと。なさけ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「慈悲」

仏教における「慈悲」とは「抜苦余楽(ばっくよらく)」。生きる人々に楽を与え(慈)、苦を取り除くこと(悲)を望む心の動きをいうそうです。大慈、大慈悲というときは仏や菩薩の「慈悲」を表しています。

「慈」の一般的な意味は、親が子供を大事に育てること、愛情の深いさまをいい、訓読みで慈しむ(いつく・しむ)です。

「悲」は悲しい意でなく「あわれみの心」

「悲」は一般的にかなしい、哀しい、切なく辛い気持ちを表現する言葉ですが、仏語としての「悲」は深いあわれみの心、苦しみを取り除くことをいいます。

「悲願」とは仏・菩薩が衆生を救うために誓いを立てること、転じて、必ず成し遂げようとする悲壮な願いという意味になりました。
「悲観」は、仏教では仏が人の苦難を救おうと観察していること。人生後ろ向き、絶望して悲しむといった一般的な意味と全く違いますね。

\次のページで「「慈悲」を強めて「慈悲深い」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: