国語言葉の意味

「稀有」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生が解説!

「稀有」の対義語は?

「稀有」の対義語は、「普通」「平凡」「ありきたり」です。意味や使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:44文字

その1「普通」

普通」は名詞・形容動詞の場合、「特に変わっていないこと」「ごくありふれたものであること」「それがあたりまえであること、そのさま」という意味があります。「とても珍しいこと」という意味の「稀有」とはまさに反対の意味の言葉ですね。

「山田君は公立の高校に通う普通の学生である」のように使用されます。

ID: ↑パーツ内本文:148文字

その2「平凡」

平凡」は「これといったすぐれた特色もなく、ごくあたりまえなこと。また、そのさま」という意味を持った言葉です。こちらも「とても珍しいこと」という意味の「稀有」とは反対の意味ですね。

「彼は平凡なサラリーマンである」のように使われます。

ID: ↑パーツ内本文:118文字

その3「ありきたり」

ありきたり」は「珍しくないこと」「ありふれていること、そのさま」という意味を持った言葉です。漢字で表記する場合は「在り来たり」か「在り来り」となります。「とても珍しいこと」という意味の「稀有」とはまさに反対の言葉ですね。

「田中という名字はありきたりの名字である」といったように使用されます。

ID: ↑パーツ内本文:148文字

「稀有」の英訳は?

image by iStockphoto

「稀有」の英訳には、「rare」「unusual」があります。意味や使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:47文字

その1「rare」

rare」は「稀な」「めったにない」という意味の英単語で、「稀有」の1つ目の意味の「とても珍しいこと」に当てはまります。日本語でもカタカナで「レア」という言葉を使いますよね。その元の単語が「rare」です。

例文を見てみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:117文字

「We were lucky to see a rare golden car.」 私たちは稀有な金色の車を見ることができてラッキーだった。

ID: ↑パーツ内本文:71文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: