国語言葉の意味

「華奢」の意味や使い方は?例文や類語を本好きライターが解説!

その2.「贅沢」

贅沢には、必要を越えたレベルで金銭や物品を使うこと、という意味があります。また、そこに非難めいたネガティブな意味はこもりません。

ID: ↑パーツ内本文:64文字

1.あのカップルは今日、記念日らしいので、贅沢な晩ご飯を食べに行った。

2.あのカップルは、遊ぶ時はとことんお金を使うので、遊び方が華奢だ。

ID: ↑パーツ内本文:71文字

どちらも豪華に過ごしていることを表現しているので類義語と分類されますが、贅沢は必要を越えたレベルで金銭や物品を使うことなので、普段から豪華に過ごしてる人の行動を表現する場合は「華奢(かしゃ)」と表現する方が適切です。

ID: ↑パーツ内本文:108文字

「華奢」の対義語は?

「華奢(きゃしゃ)」の対義語には「頑丈」「華奢(かしゃ)」の対義語には「貧相」などがあります。

ID: ↑パーツ内本文:47文字

その1.「頑丈」

華奢(きゃしゃ)の対義語は頑丈です。頑丈にはからだが丈夫なさま。また、物の作りが堅牢なさまという意味があります。人物を表現する場合の頑丈も、建物や物質を表現する場合の頑丈も、どちらも華奢(きゃしゃ)の対義語です。身長が高く、強靭なボディを持っている男性も「頑丈」ですし、正確に、最新の技術で作られた壁の強度も「頑丈」となり、細く弱々しいという意味を持つ華奢(きゃしゃ)とは逆の意味を持つので、覚えておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:206文字

その2.「貧相」

華奢(かしゃ)の対義語は貧相です。貧相には、いかにも貧乏そうな様や、みずぼらしく見える様という意味があります。派手さもなく、華やかな印象も受けない貧相という言葉は、いかにも華奢(かしゃ)の対義語ですね。

ID: ↑パーツ内本文:101文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: