国語言葉の意味

「考慮」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「考慮」について解説する。

端的に言えば考慮の意味は「よく考えること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「考慮」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。他人からよく「お前は考え過ぎ」と言われるが、自分では普通と思っている。ただ、いろいろな事態が起こる可能性を考慮して、荷物が少し多くなっているだけだ。

「考慮」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「考慮」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「考慮」の意味は?

「考慮」には、次のような意味があります。

物事を、いろいろの要素を含めてよく考えること。「考慮に入れる」「考慮の余地がない」「相手の事情を考慮する」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「考慮」

考慮」(こうりょ)には、「いろいろな物事に思いを巡らせてよく考えること」という意味があります。

「考慮」は、「考える」と「慮(おもんぱか)る」の2語が合わさった言葉です。このうちの「考える」は説明するまでもありませんよね。問題は「慮る」です。「慮る」は、「おもいはかる」という言葉が変化しました。これも「思う」と「図る」が合わさったものです。つまり、「考慮」には「考える」と「思う」と「図る」の3つの意味が含まれています。

「考慮」の使い方・例文

「考慮」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: