国語言葉の意味

「善処」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「善処」について解説する。

端的に言えば善処の意味は「適切に処置すること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した川瀬を呼んだ。一緒に「善処」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/川瀬

幼少期から多種多様な本を与えられて育ち、分からない言葉があれば辞書で引く癖がついていた。本を読む度に、細やかで表現力豊かな美しい日本語に魅了される。これまでの読書量を活かし、丁寧に言葉の意味を解説していく。

「善処」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

私達が人と会話していく中で、相手とのトラブルなどを避けるために「大人の物言い」ともいえる曖昧な表現があります。その代表格ともいえる言葉が「善処」でしょう。主にビジネスシーンなどで身にする機会が多く、何かを依頼された時の返事として使われることが多いです。しかし、使う時の状況などによっては相手に失礼な印象を与えてしまう事もあるため、注意しなければなりません。正しい意味と使い方を知る事が大切です。それでは早速「善処」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「善処」の意味は?

「善処」には、次のような意味があります。

1.適切に処置すること。「事情に応じて善処する」
2.(「善所」とも書く)仏語。来世に生まれるべきよい場所。人界・天上・諸仏の浄土など。「後生 (ごしょう) 善処」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「善処」

「善処」は「ぜんしょ」と読みます。ビジネスメールだけではなく、話し言葉としても使われることがあるため、読み間違いなどにも気をつけましょう。「善処」とは「起こった事柄に対し適切に対応する。」という意味です。ビジネスシーンで例えると、相手との間に問題が発生した際に適した対応ができると判断した場合などに使われます。

目上の人やかしこまったシーンで使える丁寧な言葉ではありますが、言葉自体は敬語表現ではありません。このような状況で使う際には「善処します」などの言い回しを変えましょう。

「善処」の語源は?

次に「善処」の語源を確認しておきましょう。「善処」の意味には「適切に処理すること」だけではなく、もうひとつある事に気づいた方もいるのではないでしょうか。「善処」はもともと仏教用語として使われており「来世で生まれる良い場所は仏が在住する清らかな国」という意味があります。仏教用語では「善所」と書くことが多く、そこから「善処」として一般的に使われるようになりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: