国語言葉の意味

「バリデーション」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「バリデーション」について解説する。

端的に言えばバリデーションの意味は「検証する」や「妥当性確認」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系の記者を10年経験したライター・にべこを呼んです。一緒に「バリデーション」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/にべこ

某大手情報誌の記者を務め、その後フリーライターに。ビジネス用語ならおまかせ。さまざまなシーンで使えるカタカナ言葉を噛み砕いてご紹介。

「バリデーション」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

この記事でご紹介するのは「バリデーション」という言葉。あまり耳馴染みがないかもしれませんが、ITや医療、介護の分野をはじめ、ビジネスシーンなどでも使われている言葉です。定義をしっかりと確認していきましょう。

「バリデーション」の意味は?

「バリデーション」には、次のような意味があります。

(適切であると)検証すること。立証・実証すること。確認。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「バリデーション」

「バリデーション」とは検証、実証、認可などをあらわす言葉で、「妥当性を確認する」という意味を含んでいます。行った作業の内容が、規定の条件や仕様に適合しているかどうかを検証するということです。

具体的に言うと、作業の進め方を決めたら、決めた通りに作業を行って、行った作業は妥当だと確認する。この一連のプロセスと仕組みを「バリデーション」と呼ぶのです。IT、医療(主に医薬品や医療機器)、製造、介護などの分野でよく用いられます。

「バリデーション」の語源は?

「バリデーション」の語源を確認しておきましょう。

語源は英語の「validation」という名詞で、「有効にする」という意味の単語。語源を辿ると、ラテン語の「valere(ヴァレーレ)」。「力がある」「価値がある」などといった意味の言葉です。ちなみにここから派生した言葉としては「value(バリュー:価値、値打ち)」「available(アベイラブル:有効な、役立てる)」などがあります。

\次のページで「IT分野における「バリデーション」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: