国語言葉の意味

「エスカレーション」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「エスカレーション」について解説する。

端的に言えばエスカレーションの意味は「段階的に増大する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「エスカレーション」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「エスカレーション」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「エスカレーション」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「エスカレーション」の意味は?

「エスカレーション」には、次のような意味があります。

1.段階的に増大したり、激化したりすること。
2.業務上の下位者が対応しきれない事態が発生したとき、上位者に報告し、事態の対応を引き継ぐこと。

出典:goo辞書「エスカレーション」

「エスカレーション」は『徐々に増大する、激化する』という意味もあります。普段使われる意味としては、『段階的に上位へ伝達する』です。「エスカレーション」を略して、「エスカレ」と言われる事もあります。

ビジネスシーンでは、自分の判断ではなく上司の指示を必要とする事も多いです。具体定期には、アルバイトは正社員に相談し、正社員がその上司に相談するといったように、段階的に上司へと判断や指示を求めることを指します。

「エスカレーションフロー」の意味

「エスカレーションフロー」とは、エスカレーションする流れという意味。「フロー」には、「流れ」という意味です。

「エスカレ」といっても、いつ何をどんな時にどの上司へ相談すべきなのか決まっていないと、大きなトラブルに発展してしまう可能性もあります。そのため、前もって「いつ」「誰に」「何を」エスカレーションするか決めたものがエスカレーションフローです。

「エスカレーション」の語源は?

次に「エスカレーション」の語源を確認しておきましょう。

「エスカレーション」は、英語の「escalation」からきています。「escalation」は、「escalate(エスカレート)」を名詞にした形です。「エスカレートする」という言葉は、よく耳にしますよね。そこからイメージすると、段階的に増大する状況という意味も理解しやすいでしょう。

「エスカレーション」の使い方・例文

「エスカレーション」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3
Share:
要