国語言葉の意味

「不束者」の意味や使い方は?例文や類語を国文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「不束者」について解説する。

端的に言えば不束者の意味は「気がきかないこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国文学専攻の大学を卒業し、日本語教師の資格を持つasukaを呼んだ。一緒に「不束者」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/asuka

国文学専攻の大学を卒業。日本文学や日本語学を学ぶうちに、言葉が持つ意味の奥深さに魅了され、在学中に日本語教師の養成講座を修了する。これまで学んだこと、経験を活かし丁寧に解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:91文字

「不束者」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

皆さんは「不束者」という言葉を知っていますか?「不束者」と書いて「ふつつかもの」と読みます。現代社会で日常生活を送っているとあまり馴染みのない言葉に感じますね。漢字を見ただけでは読めない人も多いのではないでしょうか。この記事では「不束者」について例文を用いながら意味を解説していきますので、一緒に理解を深めて一つ言葉の知識を増やしましょう!

ID: ↑パーツ内本文:170文字

「不束者」の意味は?

「不束者」と辞書で調べると次のような表記がありました。

ID: ↑パーツ内本文:27文字

気のきかない人。行きとどかない者。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「不束者」

ID: ↑パーツ内本文:39文字

「不束者」とは上記の通り「気の利かない人」や「行きとどかない人」のことを指す言葉です。もう少し分かりやすく言い換えると「細かい配慮に欠ける人」「細かい気配りができない人」という意味となります。私は「不束者」という言葉を聞くと「昔の結婚」を思いつきますが、皆さんは何か頭に浮かぶものはありますか。「昔の結婚」とは具体的な表現ではなく雰囲気ですが、夫となる男性に妻となる女性が正座をして頭を深々と下げて挨拶をするシーンです。こうしたシーンは、時代劇や昭和のドラマで目にすることが多いような気がします。

ID: ↑パーツ内本文:248文字

「不束者」の語源は?

image by iStockphoto

「不束者」の意味について確認できました。それでは次に「不束者」の語源を確認しておきましょう。

「不束者」とは「不束」な「者」と言葉を分けることができます。「不束」とは「太束(ふとつか)」が転じてできた言葉です。「太束」は「太くて丈夫なさま」を意味し「細かい配慮に欠ける」というようなネガティブな意味はありませんでした。しかし、時代がだんだんと移り変わり平安時代になると、細いもの、美しいものこそが「美」とされ「太さ」を意味する「太束」は「不格好」「野暮ったい」という意味を持つようになったと考えられています。そして更に時代が進むと「見栄えが悪い」という意味が中核となり、現代では「細かい配慮が欠ける」といった意味を持ち「細かい配慮に欠ける者」を「不束者」というようになりました。

ID: ↑パーツ内本文:338文字
次のページを読む
1 2 3
Share: