国語言葉の意味

「忌憚」の意味や使い方は?例文や類語を文学院生がわかりやすく解説!

この記事では「忌憚」について解説する。

端的に言えば忌憚の意味は「忌みはばかること。遠慮すること。」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、日本文学を専攻し研究している翠を呼んです。一緒に「忌憚」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/翠

中古の日本文学を研究している。様々な時代やジャンルの作品を読み、ことばに触れている。中学校と高校の国語科の教員免許も取得しており、ことばについて分かりやすく説明する。

「忌憚」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 72036071

それでは早速「忌憚」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「忌憚」の意味は?

「忌憚」には、辞書によると次のような意味があります。

1.忌みはばかること。遠慮すること。多く打消の語を伴って用いられる。

出典:日本国語大辞典 第二版(小学館)「き-たん」

「忌憚」は「きたん」と読みます。「いまいましい」「いむべき存在」という言葉に使われる感じ「忌」と「はばかる」と読む漢字の「憚」が使われていますね。辞書的な意味も文字通りにとっていただいて問題ありません。

「忌憚」は、辞書にもあるように「忌憚ない」というように、下に否定の言葉を伴って「遠慮しない」という意味にして使うことが多いです。そういった使い方も後で説明していきますね。

「忌憚」の語源は?

次に「忌憚」の語源を確認しておきましょう。「忌憚」は、先ほども紹介した通り、「忌」と「憚」という二つの漢字から成り立っています。「忌」は『古事記』から、「憚」は『日本書紀』から用例を見つけることが可能です。「忌」は「きらって避ける。」という意味があります。今でも「忌引き」という言葉でよく目にするため、なんとなく分かるのではないでしょうか。「憚」は「おそれつつしむこと。遠慮して避けること。」という意味を持ち、「忌」も「憚」も「避ける」というニュアンスがありますね。

日本で「忌憚」という言葉が文学作品に使われ始めたのは、江戸時代に成立した『近世説美少年録』ごろです。そこでは、「忌憚」は「忌憚る」という形で「いみはばかる」と読んでいます。この形では、下に打消しの言葉を伴うこともありませんでした。

\次のページで「「忌憚」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: