国語言葉の意味

「憚られる」の意味や使い方は?例文や類語、気をつけたい用法を元予備校校舎長がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「憚られる」について解説する。

端的に言えば憚られるの意味は「遠慮やためらい」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元大手予備校校舎長で大学入試の国語指導歴が長いライターのみゆなを呼んだ。一緒に「憚られる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「憚られる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「憚られる」は「はばかられる」と読みます。「憎まれっ子 世にはばかる」ということわざは有名ですね。でもあらためて意味を聞かれると、ちょっと自信がないと言う人も多いかもしれません。受験やビジネスシーンにも登場する言葉なので、この機会に「憚られる」を適切に使えるように理解しておきましょう。表現の幅がぐんと広がりますよ。

それでは早速「憚られる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「憚られる」の意味は?

「憚られる」には、次のような意味があります。

何かに気を使って遠慮せざるを得ないこと、遠慮すること。

出典:実用日本語表現辞典「憚られる」

「憚られる」は、動詞「憚る(はばかる)」に自発の意味の助動詞「れる」が付いた言葉です。一つひとつ見ていきましょう。

まず「憚る」は「差し障りをおぼえてためらう、気兼ねする、遠慮する」という意味です。そして「憚る」が未然形「はばから」になり、助動詞「れる」がくっついたのが「はばから+れる(憚られる)」という品詞分解になるわけですね。この助動詞「れる」は自発の意味合いを持っており、意識せずとも自然発生的にそうなってしまうという様子を指します。つまり「憚られる」は自分で意図的に遠慮するつもりがなくても、自然と遠慮してしまうさまということです。

ちなみに「憎まれっ子世にはばかる」ということわざで使われる「憚る」は少しニュアンスが異なり、「のさばる」という意味になります。この「のさばる」という意味でつかわれる場合は、「憚られる」という形にはなりません。

「憚られる」の語源は?

「憚られる」の元になっている言葉「憚る」の語源は諸説あり、よくわかっていません。

1つの有力な説は「阻む(はばむ)」と語源を同じくする、というものです。「阻む」には「進もうとするのをさまたげる、防ぎとめる」という意味があります。行動しようとするものを邪魔することが「阻む」であり、それと語源を同じくする「阻む」は邪魔された結果行動をためらう、遠慮するという意味になったということです。

「憚られる」の「憚」は難しい漢字ですね。「単」は薄く平たいはたきを描いた象形文字で、「心(りっしんべん)」と組み合わさることで、心が薄く平らで上下に細かく震えるさまを表しているそうです。

\次のページで「「憚られる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: