国語言葉の意味

マーケティング用語なの?「訴求」の意味・派生語・類義語を言葉大好きライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「訴求」について解説する。やや難読に該当する言葉だから、ぱっと見るといかにも難しい言葉の様に思われがちだが、実際はそれほど難しい意味じゃない。漢字から意味を推測するのも比較的簡単だから、身構えないで学習するのが大切だ。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んだ。一緒に「訴求」の意味や派生語、歴史などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「訴求」の意味って?

image by iStockphoto

「訴求」の意味は以下の通りです。

主に広告・マーケティングの分野において、売り手が消費者の欲求へ訴えかけて利用や購入を促す、需要を喚起する、といった意味で用いられる表現。

出典:Weblio辞書「訴求 意味」

上記解説の「欲求に訴えかける」という部分が「訴求」のポイントになります。単に売り手が買い手を促すというだけでなく、欲求に火を点け、自主的に求めるように誘導するということです。ビジネスの分野で多用される言葉であり、他の場面ではあまり使用されません。ただし、近年では「訴求」よりも「アピール」という表現の方が多用されるようになってきています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ビジネス業界に限らないが、より分かりやすい言葉が多用されるようになり、難しい言葉の使用頻度が下がるのは言葉の世界ではよくあることだ。ただ、だからといってどんな言葉であっても要らないということにはならないぞ。

「訴求」の読み方って何?

「訴求」は「そきゅう」と読みます。「訴」は「そ」と読み、通常は「訴える(うったえる)」と読みますが、「訴訟(そしょう)」などの言葉にある通り「そ」とも読める漢字です。「求」は「求める(もとめる)」とも読みますが、「きゅう」とも読みます。こちらは比較的分かりやすく、身の回りにも「求人(きゅうじん)」など「きゅう」と読む例には事欠きません。

次のページを読む
1 2 3
Share: