国語言葉の意味

「造詣」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「造詣」について解説する。

端的に言えば造詣の意味は「学識が深いこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元大手予備校校舎長で大学入試の国語指導歴が長いライターのみゆなを呼んだ。一緒に「造詣」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「造詣」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「造詣」の読み方は「ぞうけい」です。学問や芸術の分野でよく使われる言葉で、「あの人は日本がへの造詣が深い」と言ったりします。しかし「造詣がない」とは言わないと知っていますか?「造詣」を適切に使いこなすと、あなた自身が博識でその道に通じているような印象を与えられますよ。

それでは早速「造詣」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「造詣」の意味は?

「造詣」には、次のような意味があります。

その分野についての広く深い知識や理解、また、すぐれた技量。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「造詣」

「造詣」とはある分野に対して、すぐれた知識や理解、技量があるさまを表す言葉です。日常で習得することは難しい専門的な分野や高尚だと思われる対象に使われる言葉であり、そのため学問・芸術・スポーツといった分野でよく登場します。

日常的な話題に対して使うと違和感が出るので注意しましょう。たとえば「あの人は掃除にとても詳しい」と言いたいときに、「あのひとは掃除に対する造詣が深い」とは言いませんね。

「造詣」が使われるときは、「造詣が深い」という表現になることがほとんどです。「造詣がある」という場合もありますが、意味は同じように使えます。

「造詣」の語源は?

次に「造詣」の語源を確認しておきましょう。

「造」という字には、「あるところまで届く」「いたる」という意味があります。日頃は「つくる」という意味で使っているので、あまり知られていないかもしれません。「つくる」という意味も、考えてみると「物事の最終形態になる・達する」ことを意味することが分かりますね。また「詣」も「高いところまで行きつく」という意味を持つ漢字です。

いずれも「届く・いたる」という意味を持つ2字が重なり、学問や知識、技量が普通ではとても及ばない高い水準まで達しているという意味を持つようになりました。

「造詣」の使い方・例文

「造詣」の使い方を例文を使って見ていきましょう。専門分野について話す時に使う言葉なので躊躇してしまいがちですが、正しい用法を知るととても便利な言葉です。たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: