国語言葉の意味

「トライバル」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「トライバル」について解説する。

端的に言えばトライバルの意味は「民族的な」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

さまざまな分野の本に触れ、知識を培ってきた「つゆと」を呼んだ。一緒に「トライバル」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

tsuyuto

ライター/つゆと

子供の頃からの筋金入り読書好きライター。むずかしい言葉や複雑な描写に出会っても、ねばり強く読みこんで理解することをポリシーとする。言葉の意味も、妥協なくていねいに解説していく。

「トライバル」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「トライバル」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「トライバル」の意味は?

「トライバル」には、次のような意味があります。

《部族独特の、の意》デザインやアクセサリーなどに民族的な要素を取り入れたファッション。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「トライバル」

日本で「トライバル」という言葉を聞くのは、ファッション業界やインテリア業界でしょうか。「トライバル」は「民族的な」という意味です。ファッション業界では「トライバルプリント」「トライバルタトゥー」、インテリア業界では「トライバルラグ」などと使います。

「トライバルプリント」や「トライバルタトゥー」は、サモアなど南太平洋ポリネシア地方に古くから伝わるタトゥーのデザインに由来するものです。「トライバルラグ」はトルコやイランなど、中東地方で作られる部族特有のじゅうたんのこと。

ただし日本語の「トライバル」は、前者のポリネシア地域の伝統的タトゥーデザインをさす場合が多いといえます。ファッション雑誌などで「トライバル」と見た場合は、その意味と考えてよいでしょう。この機会にぜひ覚えてくださいね。

「トライバル」の語源は?

次に「トライバル」の語源を確認しておきましょう。「トライバル」の語源は英語の「tribal」。「tribal」は「部族の」という意味で、日本語の「トライバル」と同じといえます。

ただし前述のとおり、日本の「トライバル」はポリネシア地域の部族に伝わるデザインをさす場合が多いです。「tribal」つまり「部族の」デザインなので間違いはないですが、日本においての使い方は、やや固定的といえるでしょう。

「トライバルを入れる」のように、「トライバル」だけで「トライバルタトゥー」をさすこともありますよ。

次のページを読む
1 2 3
Share:
tsuyuto