国語言葉の意味

「慮る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「慮る」を使いこなそう

この記事では「慮る」の意味・使い方・類語などを説明しました。「慮る」は「思いを巡らせ、よく考える」という意味の言葉です。周囲や相手の状況を考慮し、思いやりのある行動をとることを「慮る」と言います。似た意味の「忖度」が特定の人を対象とした言葉であるのに対し、「慮る」は状況・事情など幅広いものを対象として使えるのが特徴です。「おもんぱかる」という独特な読みが話題に上ることもあるので、読み・意味ともにしっかり押さえておきたい単語ですね。

1 2 3 4
Share: