国語言葉の意味

「慮る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

その2「思いやる」

「思いやる」も似た意味の表現と言えるでしょう。

「慮る」と似た意味の単語には、「思いやる」も挙げられます。「思いやる」とは、「人の心を察し、配慮する」という意味で、友人間・家族間など親しいフランクな間柄でも用いられる表現ですね。より「相手がどう感じるかな」という点にフォーカスした表現とも言えるでしょう。

「慮る」の対義語は?

「慮る」という人の感情の機微や本音を察する言葉の対義語としては、そのような要素を考慮しないという点で「無神経」「無遠慮」「デリカシーがない」「空気が読めない」などが挙げられます。相手がどう思っているかうまく考えられない、もしくは興味が無い、といった状態を指していると言えるでしょう。

「慮る」の英訳は?

image by iStockphoto

「慮る」を英語で表現する際は「consider」を使います。

「consider」

「consider」は「考慮する・熟考する」という意味の単語で、「思いやる」という訳をあてることもできます。「思いやる」には「care about」という表現もあり、「We care about each other」で「お互いを気に掛ける、思いやる」という和訳がつけられるでしょう。このように「慮る(おもんばかる)」の英語表現を使った例文としては、「You must consider the feelings of others.」で「他人の気持ち考慮しなければならない」、
「Consider carefully.」で「慎重に考えなさい」といったものが挙げられますね。

「care about」

「思いやる」には「care about」という表現もあり、「We care about each other」で「お互いを気に掛ける、思いやる」という和訳がつけられるでしょう。「深く考える」というよりは「互いを大切に思う」というニュアンスではありますが、共通する要素もあるのです。なお、「take care about」だと「誰かの世話をする」という意味になります。

\次のページで「「慮る」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: