国語言葉の意味

「レビュー」の意味や使い方は?例文や類語をことばのマニアライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「レビュー」について解説する。

端的に言えばレビューの意味は「評論」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

編集経験もあり、情報誌系のライターを10年経験したコトバアソビを呼んだ。一緒に「レビュー」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/コトバアソビ

最近はヴィーガンの菜食主義用の大豆ミートの餃子を購入し、食べて高評価のレビューをしたライター。今回はレビューについて解説をする。ビジネス書籍のブックレビューにて著者をこてんぱんに論破し、泣かした経験を思い出し、微妙な心持ちにて今回の記事を執筆している。

「レビュー」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「レビュー」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「レビュー」の意味は?

「レビュー」には、次のような意味があります。

1.再調査。再検討。
2.批評記事。文芸・芸能などに関する評論。論評。また、評論雑誌。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「レビュー」

レビューとは、評論のことです。基本的に体験や感じたことを付け加え、他人へみてもらう記事のことですね。またレビューとそのまま使い、裁判や開発現場などでは再調査再検討の意味で使います。一般的には批評記事のことを指し示しますね。

ことばの使い方については、複数の意味が存在をするため、前後の文脈を確認しないと正確に伝わらない場合があります

一時期は拡大解釈をされ、感想や意見そのものを指し、短文のレビューとして意図的に評価を上げるネットショップも流行りました。ただ最近はUXを重視しており、フィードバックにての評価(レビュー)が検査サイトの結果に反映をするなど、変化をしています。

したがってこれからの記事は、レビュー記事といえどUXに配慮し人の悩みをしっかりと解決できるコンテンツか、その人の役に立たないといけないコンテンツのどちらかに書かないと世には残りません。もうすでにレビュー重視にて大手の検索サイトは動いています。

「レビュー」の語源は?

次に「レビュー」の語源を確認しておきましょう。

語源は英語「reveiw」です。「re」の再度と「veiw」の見るといい、再度見ることで再確認と使っていました。慎重な調査を意味する言葉として英語圏では広がっています。

日本にての認知はネットショップのレビューが一般的でしょう。映画などを始めとした批評にはレビューと古くから用いられており、こちらの拡大解釈にてネットショップに広まりました。ただし偽のレビューを書く記事の仕事がクラウドソーシングサイトに投稿され、ニセのレビューにて商品価値を高める方法も流行っていたため未だにレビューの信頼度は上がっていません。

中国では大手ECサイトを運営するアリババが積極的にレビューを導入しており、良質なレビューを半ば強引に揃えることで、商品価値を正当に評価をしようと努力をして中国では受け入れられています。ネットへの法律の介入が壊滅的に遅れ、未だにパソコンも使えない議員に高給を支払っている日本では考えられないことですね。

「レビュー」の使い方・例文

「レビュー」の使い方を例文に習いみていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.この商品は少し問題がある。レビューに回すので慎重にお願いをするよ。
2.ネットショップのレビューにて買うか買わないかを決めている。
3.この映画のレビューには、感動の嵐や全米が泣いたなどの高評価が勢揃いだった。

3つとも実体験。1の例文は再調査を依頼している、とある研究所の一コマです。本来の英語に近い意味で、一部では使われていますね。したがってただ単にレビューだけだと正確な日本語として伝わらない可能性も秘めています。

2の例文は今のレビューの一般的な使い方です。感想も意味しており、記事というテイストではなくてもレビューといいます。今やレビューは商品価値を決めるツールです。

3の例文は映画の批評記事ですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

レビューとは本来は再調査を意味する言葉で、ネットショップの発展により少し拡大解釈をされて、今でも広がっている言葉だ。レビューと単体で使った場合には、再調査を意味することが多い。意味が伝わりにくいため前後の文脈にて補完をしないといけないな。

「レビュー」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

それではレビューの類義語をみてみましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: