国語言葉の意味

「俯瞰的」の意味や使い方は?例文や類語を文系大学院生がわかりやすく解説!

この記事では「俯瞰的」について解説する。

端的に言えば俯瞰的の意味は「高いところから見下ろすこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

哲学、思想、政治に強い文系大学院生を呼んです。一緒に「俯瞰的」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/南原眞一

法学研究科にて哲学、思想、政治を学んでいる現役文系大学院生。本来の専門は20世紀辺りのドイツ政治思想。大衆に訴えかける能力があると指導教授に言われた筆致で言葉を丁寧に解説していく。

「俯瞰的」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「俯瞰的」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「俯瞰的」の意味は?

「俯瞰的」には、次のような意味があります。

高い所から見下ろし眺めること。鳥瞰。「ビルの屋上から市内を俯瞰する」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「俯瞰」

俯瞰の読み方は「ふかん」です。それに性質や状態を意味する「的」を付け加えた「俯瞰的」という使われ方を見たことがある人は多いでしょう。しかし、最近「物事を俯瞰的にみなければならない」と言われる場面が多くなっていると思いますが、細かい意味になると答えられる人は意外にも少なくなるかもしれません。これを機に「俯瞰的」の正しい意味と用法を学んでいきましょう。

「俯瞰的」の語源は?

次に「俯瞰的」の語源を確認しておきましょう。ルネ・デカルトの「困難は分割せよ」とのアドバイスに則って、まずは「俯瞰的」を分けて考えてみましょう。

」は音読みすれば「ふ(す)」あるいは「うつむ(く)」となります。また、俯は日常生活だと「俯く」という形で見ることが多いかもしれませんね。「かがむこと、上体を前に曲げること」を意味します。

」は訓読みで「かん」と読み、意味は「見下ろすこと、上から見ること」、そして「眺める、遠くをみること」です。ここから、「瞰下」は「見下ろすこと」を、「瞰視」は「見下ろして視察すること」を意味しています。

「俯」も「瞰」も、上から下を見下ろすことを意味する漢字であり、同じ意味を続けることで上から下を見下ろす意味合いを強めた熟語だと言えるでしょう。

\次のページで「「俯瞰的」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: