国語言葉の意味

「リマインド」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「「リマインド」について解説する。

端的に言えばリマインドの意味は「思い出させる・思い出させるためのもの」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した1804を呼んです。一緒に「リマインド」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/1804

言葉の意味や由来を考えるのが好き。お気に入りの言葉は「あなたは私のオレンジの片割れ」。先日受けた検査で言語性IQが141だった。口頭より文章の方が人にものを伝えやすいと最近気づいた。

「リマインド」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「リマインド」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「リマインド」の意味は?

「リマインド」には、次のような意味があります。

思い出させること。思い起こさせること。→リマインダー

出典:デジタル大辞泉(小学館)「リマインド」

元になっている英単語remindの意味通り、「思い出させる」「思い起こさせる」という意味がある「リマインド」。「リマインド」の目的は、送る側からすると「忘れないようにしてもらう」といったもの、受け取る側は「覚えておくこと」です。使うシチュエーションとしては、大勢のグループや仕事の場で会議やイベントの日程調整をする時などが多いでしょう。また、受ける側の注意点としてはまずリマインドが流れてきた段階でその内容を忘れないことが一番でしょう。アンケートなど回答できるものはその場で出来れば越したことはないですし、メールに印をつけたりデスクに付箋をつけたり、忘れないようにするための工夫は様々な形でできます。

「リマインド」の使い方・例文

「リマインド」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「リマインド」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: