国語言葉の意味

「レギュレーション」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「レギュレーション」について解説する。

端的に言えばレギュレーションの意味は「規制」や「規則」などだが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系の記者を10年経験したライター・にべこを呼んだ。一緒に「レギュレーション」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/にべこ

某大手情報誌の記者を務め、その後フリーライターに。ビジネス用語ならおまかせ。さまざまなシーンで使えるカタカナ言葉を噛み砕いてご紹介。

「レギュレーション」の意味や語源は?

image by iStockphoto

みなさんは「レギュレーション」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。ビジネスシーンだけでなく、様々な分野で広く使われる汎用的な言葉です。それでは早速「レギュレーション」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「レギュレーション」の意味は?

「レギュレーション」には、次のような意味があります。

規制。規則。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「レギュレーション」

辞書で調べると上記のようなシンプルな説明がされていますが、もう少し細かく説明すると「満たすべき条件においての決まり事」と言えるでしょう。

決まり事であるという意味合いでは「ルール」とよく似ていますが、「レギュレーション」は「ルール」に比べより厳密に定められているものを指し、これを破るとペナルティ(罰則)を受けるなど、公的な制約が強い言葉です。スポーツやゲームなどの競技、広告や製品などの仕様、建築設計や医療分野など、様々な業界や業種で使用されています。

「レギュレーション」の語源は?

「レギュレーション」を英語で書くと「regulation」。「取り締り」「規制」「規則」という意味の名詞の単語です。これが動詞になると「regulate(レギュレイト)」となり、「取り締まる」「規制する」という意味合いに変化します。

いずれも、元々はラテン語の「支配する」という意味の「regere」が語源です。

\次のページで「「レギュレーション」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: