国語言葉の意味

「ハレーション」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師が解説!

「halation」

「halation」の意味は次のようになります。

halation

【写真】ハレーション《強い光が当たった部分の白いぼやけ》

出典:新英和中辞典(研究社)「halation」

日本語の「ハレーション」も英語の「ハレーション」もどちらも写真用語です。例えば、This picture is fogged owing to halation.(この写真はハレーションでぼやけている)というように、名詞として使います。しかし、日本語の「ハレーション」では悪影響という意味もありますが、英語の「halation」に悪影響という意味はありません。悪影響を英語にすると「bad influence」を使うので注意しましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

会社の中でミスをしてしまうと、周囲に迷惑をかけてしまうことや、プロジェクトを台無しにしてしまうかもしれない。しかし、どんなに業務を丁寧に行っていてもミスは起きるものだ。そのときは「ハレーション」しないように、落ち着いて情報を整理しよう。

「ハレーション」を使いこなそう

この記事では「ハレーション」の意味・使い方・類語などを説明しました。「ハレーション」は、元々写真用語で、強い光により白いもやがフィルム上にできてしまうという現象のことをいいます。写真を撮った人は意図しておらず、失敗作として使うことから「悪影響を及ぼす」という意味でも使うようになりました。例えば、ビジネスの現場や医療現場、デザイン業界で使われます。カメラによっては、デジタルカメラやスマートフォンのカメラのように、フィルムがありません。いずれは写真用語として使うよりも、「悪影響を及ぼす」という意味で使うことが増えていくのではないでしょうか。

1 2 3 4
Share: