国語言葉の意味

「ハレーション」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師が解説!

ビジネス用語としての「ハレーション」

ビジネスでも「ハレーション」という言葉を使います。例文は次の通りです。

ある職員の1つの失敗が、他の職場全体にハレーションを起こした

ビジネス用語の「ハレーション」は、前述している意味2の悪影響という意味です。悪い出来事がきっかけで、二次被害や副作用がでたときや、出るかもしれないというときに使います。また、IT業界で「ハレーション」を使うときは、1つのミスも許さないという1つを強調した厳しいニュアンスです。IT業界では、プログラムや機器の操作でミスをしてしまうと、別の機器やデバイスにも悪影響が出てしまうので厳しく注意しています。

デザイン・アート用語としての「ハレーション」

デザイン・アート用語でも「ハレーション」は使います。例文は次の通りです。

今日見た父親の姿は、服の組み合わせがハレーションしており目がちかちかする。

デザイン・アート用語の「ハレーション」は、派手な色や明るい色どうしの組み合わせで、目がチカチカしたり、違和感のある組み合わせの色という悪い意味や、神々しいなど良い意味でも使うことがあります。悪い意味で取られることもあるので、相手の服装や容姿に対して使うときは注意が必要です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

思い出をカメラで納めたつもりが、いざ現像すると「ハレーション」していてショックをうけたという経験をした人は多いのではないだろうか。しかし、「ハレーション」はフイルムで起きる現象なので、フィルムのないデジタルカメラやスマートフォンのカメラで写真を撮ると起きない。今はデジタルカメラやスマートフォンのカメラが主流になるので、写真用語としての「ハレーション」は聞く機会は減っているかもしれない。

「ハレーション」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「ハレーション」の類義語に「レンズフレア」があります。この2つの言葉はどちらも写真用語です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: