国語言葉の意味

「レジュメ」の意味や使い方は?例文や類語を国文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「レジュメ」について解説する。

端的に言えばレジュメの意味は「要約」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国文学専攻の大学を卒業し、日本語教師の資格を持つasukaを呼んだ。一緒に「レジュメ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/asuka

国文学専攻の大学を卒業。日本文学や日本語学を学ぶうちに、言葉が持つ意味の奥深さに魅了され、在学中に日本語教師の養成講座を修了する。これまで学んだこと、経験を活かし丁寧に解説していく。

「レジュメ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

皆さんは「レジュメ」という言葉を知っていますか?大学生や社会人の方は一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。私は大学時代先輩から「この課題のレジュメを作ってきて」と言われて意味が分からず「レジュメって何ですか」と聞いた覚えがあります。この記事では「レジュメ」ついて例文などを使用しながら解説していきますので、一緒に言葉の理解を深めましょう。

「レジュメ」の意味は?

「レジュメ」と辞書を使用して調べると次のような表記がありました。

摘要。要約。特に研究発表・講演などの内容をまとめたもの。レジメ。

出典:広辞苑 第六版(岩波書店)「レジュメ」

上記の文にある「摘要」とは「てきよう」と読み「要点を抜き出して記すこと」を言います。つまり「レジュメ」とは要点をまとめた研究発表や講演の資料のことです。例えば大学や専門学校での研究発表や講演など人前で何かを発表する時に聞き手に発表内容の要点をまとめた資料を配布しますね。その資料を「レジュメ」もしくは「レジメ」と言います。

「レジュメ」の語源は?

image by iStockphoto

続いて「レジュメ」の語源について確認しましょう。「レジュメ」は研究発表や講演の場に参加しないと、なかなか聞きなれない言葉ですよね。実は「レジュメ」はフランス語の「résumé」に由来します。フランス語の「résumé」は「要約」「概論」という意味です。日本で使用されている「レジュメ」とほとんど意味が変わりませんね。

ちなみに英語にもフランス語を由来とする「resume(レジューム・レジュメィ)」という言葉があります。英語の「resume」は「要約」の他に主にアメリカで使用されている「履歴書」という意味もあるのです。「履歴書」とは自分の学歴や経歴を記した書類の事で、就職や転職の時に使用します。「レジュメ」を「履歴書」と解釈することは日本でも定着しつつあるので、この機会に覚えましょう!

\次のページで「「レジュメ」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: