この記事では「閾値」について解説する。

端的に言えば閾値の意味は「最小値」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「閾値」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で国語学を専攻していた。私が最近自分の閾値が下がったと感じるのは徹夜。若い頃は1日くらい寝ずとも平気だったが、今は夜になったらしっかりと睡眠を取りたいらしい。

「閾値」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「閾値」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「閾値」の意味は?

「閾値」には、次のような意味があります。

1.  ある反応を起こさせる、最低の刺激量。しきいち。
2.生体の感覚に興奮を生じさせるために必要な刺激の最小値。しきいち。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「閾値」 

閾値」は「いきち」と読みます。「しきいち」という読み方もありますが、辞書を見ると「いきち」の項目に誘導されることが多いようです。しかし、読み方に関しては一筋縄では行きませんので、あとでまとめて説明することにしましょう。

「閾値」とは、数値上の境目や境界線上となる数値のことです。元をたどれば主に生物学で使われており、特に「全か否かの法則」(恣無律、all-or-none lawとも)でよく使われます。たとえば、放射線を少々浴びても体に影響はほとんどありません。しかし、ある一定の放射線量を超えると体内の器官に悪影響が現れ、時には死に至ります。この、ある一定の量(致死量など)が「閾値」というわけです。

この「閾値」が、近年ITの世界でも使われるようになりました。プログラミングの条件分岐や電子回路の高電圧と低電圧の区別などで「閾値」が使われています。こういったITや工学関係では、「閾値」を「しきいち」と読むことが多いようです。生物学などではもともとの読み方である「いきち」が多く、その影響で今日では「いきち」と「しきいち」が混在する事態となっています

「閾値」の語源は?

次に「閾値」の語源を確認しておきましょう。「閾」は「いき、しき、きしみ」という読み方がありますが、「しきい」という読みもあります。この「しきい」とは「敷居」のことであり、漢字が違うだけで意味は同じです。

「敷居」とは、もともとは門の内側と外側とを仕切るために敷く板を指します。これが室内になると、障子やふすまなどをはめ込む溝がついた横木のことです。それが部屋と部屋、内と外の境目の意味で使われるようになり、いつしかいろいろな境界線にも「閾、敷居」と呼ぶようになりました。そして、「いき、しき、きしみ」も「しきい」と同じ意味であり、境目となる値のことは「閾値」と呼びます。

IT業界などでは「閾値」を「しきいち」と読むことが多いと前述しましたが、「閾」(いき)よりも「敷居」(しきい)という言葉の方がなじみやすいことが理由にあるようです。確かに「いきち」では「生き血」や「行き値」などと間違えそうですよね。

\次のページで「「閾値」の使い方・例文」を解説!/

「閾値」の使い方・例文

「閾値」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.村上さんは怒りの閾値が低いから、ちょっとでも機嫌を損ねたら面倒だぞ。
2.このソフトウェアはよく出来ていて、PCの充電が閾値以下になると自動的に省エネモードに切り替わる。
3.先日デビューした新人歌手には多額のプロモーション費用が投じられたらしく、元を取るにはダウンロード換算で10万回が閾値とのことだ。

「閾値」は、もともと生物学など特定の分野で使われていました。しかし、今ではもう少し広い意味で使われつつあります。

ビジネスの場では、例文2や3のような状況で「閾値」という言葉を聞くことが多いでしょう。さらに、例文1のような日常的な場面でも「閾値」を使うことは十分に可能です。これらの場合、「閾値」は「〜が〜するための境界となる値」というよりも、一般的な「最低値、ボーダーライン」という意味合いで使われています

「閾値」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ところで、「閾値」の類義語は何でしょうか。違いとともに見ていきましょう。

「限界値」

「閾値」に類する言葉は「限界値」です。ある現象が起こるために別の現象が条件となる場合に、ある現象が起こるために求められる別の現象の最小値または最大値のことを言います。少々分かりにくいですが、これだけだと「閾値」も「限界値」も全く違わないと思いたくなるでしょう。

ただし、「閾値」の場合はある値を超えた前後で現象が別のものに置き換えられるのに対して、「限界値」の場合はある値を超えると今まで起こっていた現象が止まってしまうという意味で使われがちです。「閾値」が「変換点、ターニングポイント」、「限界値」が「極限、リミット」と言えばまだわかりやすいでしょうか

\次のページで「「閾値」の対義語は?」を解説!/

「閾値」の対義語は?

閾値」には明確な対義語がなく、状況によってその都度変わります。たとえば水が凍って氷となる場合、摂氏0度が水が凍るための「閾値」なのは理解できるでしょうか。この「閾値」である0度は水が凍る温度の「最高値」で、それ以下であれば水はすべて氷となるわけです(例外除く)。その場合は対義語が「最低値」で、氷の場合だと、絶対零度の約マイナス273.15度が「最低値」となります。

「閾値」の英訳は?

image by iStockphoto

では、「閾値」は英語で何と言うでしょうか。

「threshold」

「閾値」(あるいは敷居、入り口、発端)は英訳すると「threshold」です。IT用語としても「threshold値」という言葉が「閾値」と同じ意味で使われています。

この「threshold」ですが、現状は日本語での表記が定まっていません。つづりから連想しやすい読み方は「スレッシュホールド」ですが、英語圏での発音に近いのは「スレッショルド」です。また、これら2つの間を取ったような「スレシホールド」という表記もあり、「threshold」1つで最低でも3種類の表記揺れがあります。「閾値」が「いきち」とも「しきいち」とも読むのに似ていて、なんだかおもしろいですよね。

「閾値」を使いこなそう

この記事では「閾値」の意味・使い方・類語などを説明しました。

特に2020年以降になり、私たちは健康によりいっそう気を使うようになりました。院内で感染症が猛威を振るう時に病院に行くべきかどうか、体のために摂取すべき食物は何かなど、考えるべきことは山積みです。「閾値」が気になりだした人も増えたでしょう。血糖値の「閾値」やγ-GTPの「閾値」などがそうですよね。

そんな中でももっと大事な「閾値」があるわけで、たとえば人間らしく生きるための「閾値」というものがあるはずです。ルールは守る、みんなで協力し合うなど、いくらでも挙げられるでしょう。そういった状況でも、「閾値」を超えてしまう人がいるのは実に残念です。そんな人を増やさないためにも、1人1人がそれぞれの「閾値」を理解すべきではないでしょうか。

" /> 「閾値」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「閾値」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

この記事では「閾値」について解説する。

端的に言えば閾値の意味は「最小値」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「閾値」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で国語学を専攻していた。私が最近自分の閾値が下がったと感じるのは徹夜。若い頃は1日くらい寝ずとも平気だったが、今は夜になったらしっかりと睡眠を取りたいらしい。

「閾値」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「閾値」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「閾値」の意味は?

「閾値」には、次のような意味があります。

1.  ある反応を起こさせる、最低の刺激量。しきいち。
2.生体の感覚に興奮を生じさせるために必要な刺激の最小値。しきいち。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「閾値」 

閾値」は「いきち」と読みます。「しきいち」という読み方もありますが、辞書を見ると「いきち」の項目に誘導されることが多いようです。しかし、読み方に関しては一筋縄では行きませんので、あとでまとめて説明することにしましょう。

「閾値」とは、数値上の境目や境界線上となる数値のことです。元をたどれば主に生物学で使われており、特に「全か否かの法則」(恣無律、all-or-none lawとも)でよく使われます。たとえば、放射線を少々浴びても体に影響はほとんどありません。しかし、ある一定の放射線量を超えると体内の器官に悪影響が現れ、時には死に至ります。この、ある一定の量(致死量など)が「閾値」というわけです。

この「閾値」が、近年ITの世界でも使われるようになりました。プログラミングの条件分岐や電子回路の高電圧と低電圧の区別などで「閾値」が使われています。こういったITや工学関係では、「閾値」を「しきいち」と読むことが多いようです。生物学などではもともとの読み方である「いきち」が多く、その影響で今日では「いきち」と「しきいち」が混在する事態となっています

「閾値」の語源は?

次に「閾値」の語源を確認しておきましょう。「閾」は「いき、しき、きしみ」という読み方がありますが、「しきい」という読みもあります。この「しきい」とは「敷居」のことであり、漢字が違うだけで意味は同じです。

「敷居」とは、もともとは門の内側と外側とを仕切るために敷く板を指します。これが室内になると、障子やふすまなどをはめ込む溝がついた横木のことです。それが部屋と部屋、内と外の境目の意味で使われるようになり、いつしかいろいろな境界線にも「閾、敷居」と呼ぶようになりました。そして、「いき、しき、きしみ」も「しきい」と同じ意味であり、境目となる値のことは「閾値」と呼びます。

IT業界などでは「閾値」を「しきいち」と読むことが多いと前述しましたが、「閾」(いき)よりも「敷居」(しきい)という言葉の方がなじみやすいことが理由にあるようです。確かに「いきち」では「生き血」や「行き値」などと間違えそうですよね。

\次のページで「「閾値」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: