国語言葉の意味

「蹂躙」の意味や使い方は?例文や類語を文系大学院生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「蹂躙」について解説する。

端的に言えば蹂躙の意味は「ふみにじること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

哲学、思想、政治に強い文系大学院生を呼んだ。一緒に「蹂躙」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/南原眞一

法学研究科にて哲学、思想、政治を学んでいる現役文系大学院生。本来の専門は20世紀辺りのドイツ政治思想。大衆に訴えかける能力があると指導教授に言われた筆致で言葉を丁寧に解説していく。

「蹂躙」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 64088168

それでは早速「蹂躙」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「蹂躙」の意味は?

「蹂躙」には、次のような意味があります。

ふみにじること。暴力・強権などをもって他を侵害すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「蹂躙」

蹂躙と書いて「じゅうりん」と読みます。アニメやコミックスとかでは「蹂躙せよ」なんて言葉が出ますが、社会生活でこの言葉を聞くことは、ほとんどないかもしれません。しかも、「蹂」も「躙」も、これ単体を用いた文章に出会った人はいないでしょう。日常生活ではなかなかお目にかかれない蹂躙を正しく使うために、ここで読みと用法をしっかりと確認していきましょう。

「蹂躙」の語源は?

次に「蹂躙」の語源を確認しておきましょう。ルネ・デカルトの「困難は分割せよ」とのアドバイスに則って、まずは「蹂躙」を分けて考えてみましょう。

」は「じゅう」もしくは「ふむ」と読みます。意味は「踏みにじる」です。

」は「りん」もしくは「にじ(る)」と読みまが、意味は二つあります。一つは、座ったまま少しづつ膝を使って進むこと、二つは、押し付けてすり動かすことです。一つ目は、躙り寄る、二つ目は躙り消すというような使い方をされるときがあります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: