国語言葉の意味

「ナンセンス」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ナンセンス」について解説する。

端的に言えばナンセンスの意味は「無意味」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験したKAIKAIを呼んだ。一緒に「ナンセンス」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験がある。学生時代から国語が得意で、言葉には詳しい自信がある。

「ナンセンス」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「ナンセンス」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ナンセンス」の意味は?

「ナンセンス」には、辞書を引くと次のような意味があります。

1.意味をなさないこと。無意味であること。
2.ばかげていること。また、そのさま。ノンセンス。


出典:デジタル大辞泉(小学館)「ナンセンス」

「ナンセンス」はよく聞かれる外来語です。ただし、本来の意味を理解している人は少ないようですね。

「ナンセンス」の「センス」とは「人が持つ感覚的なもの」のことになります。相手の行動や考えなどに対して否定的なニュアンスで「おかしいよ」という感覚のことです。物事の性質や状態を表す形容詞として使われますが、「あの人はナンセンスだ」といったように述語にもなります。

「ナンセンス」と同じ意味の言葉で「ノンセンス」がありますが、これは英語の「nonsense」を誤って読んだもので、そのまま使われていますね。

「ナンセンス」の語源は?

次に「ナンセンス」の語源を確認しておきましょう。

「non」はフランス語 語源はフランス語の「nonsense」です。これが英語でもそのまま使われるようになりました。

「ナンセンス」の使い方・例文

「ナンセンス」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: