国語言葉の意味

【慣用句】「ご用命」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ご用命」について解説する。

端的に言えばご用命の意味は「用事を命じる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「ご用命」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「ご用命」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:85文字

「ご用命」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「ご用命」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:31文字

「ご用命」の意味は?

「ご用命」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:21文字

1.用事を言いつける
2.注文する

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ご用命」

ID: ↑パーツ内本文:38文字

「ご用命」は「ごようめい」と読みます。漢字の通り「用事を命じる」または「注文する」という意味。「用命」に尊敬の意を表す接頭語の「ご」をつけて敬語化している言葉です。この言葉の面白い所は、「ご用命」は敬語ですが使う時は謙譲表現をするという点。そして目上の人が格下の人にのみ用いるというルールがあります。また自分発信では「ご用命」はしないのが基本になっていますよ。もう一つ「ご用命」には「注文する」という意味もありますよ。ビジネスシーンにおいて「取引している商品などの注文を受ける」といった意味になります。

なかなかややこしい言葉ですよね。端的に言うと「ご用命」という言葉は「相手の動作に対してこちらが受け身で使う言葉」ということになりますよ。

ID: ↑パーツ内本文:321文字

「ご用命」の使い方・例文

「ご用命」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:48文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: