国語言葉の意味

「貶める」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「貶める(おとしめる)」について解説する。

端的に言えば貶めるの意味は「見下す」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「貶める」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

学生の頃、「貶める」と「陥れる」は漢字も意味も似ているようで混乱した記憶があるとか。「貶める」の意味や類語に加えて、「陥れる」との違いも解説してもらう。

「貶める」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「貶める」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「貶める」の意味は?

「貶める」には、次のような意味があります。

1.劣ったものと軽蔑する。さげすむ。見下す。

2.下落させる。成り下がらせる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

あまり見慣れない「貶」という字ですが、「おとしめる」のほかにも「貶す(けなす)」「貶すむ(さげすむ)」「貶る(そしる)」といった読み方があります。どれも相手を下に見て悪く言うことを意味していますね。ちなみに音読みは「ヘン」で「毀誉褒貶(きよほうへん)」という四字熟語で用いられています。「毀」と「貶」は非難する、けなすという意味、「誉」と「褒」はほめることを表し、「ほめたりけなしたり」という意味ですよ。

「貶める」の使い方・例文

「貶める」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: