国語言葉の意味

「レコメンド」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

「レコメンド」の使い方・例文

「レコメンド」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この用語は、たとえば以下のように用いられます。

1.今年の秋のレコメンドアイテムはチェック柄のシャツだと雑誌に掲載されていた。
2.シェフのレコメンドメニューはオニオングラタンスープだ。
3.上司からお客様に新しい商品をレコメンドしてくるように言われた。新製品のパンフレットを準備しておこう。

例文から「レコメンド」の使い方を学びましょう。例文1は「レコメンドアイテム」というフレーズです。今年の秋ファッションにおすすめのアイテムはチェック柄のシャツであることが伝わってきますね。例文2は「レコメンドメニュー」というフレーズです。このお店では「オニオングラタンスープ」がシェフのおすすめメニューであることを表していますよ。

例文3は「ビジネスにおけるレコメンド」です。「上司からお客様に新しい商品を提案してくるように言われている場面」ですね。このように、ビジネスシーンではお客様に商品を勧めるときに「レコメンド」を用いることもありますよ。また、「レコメンド」は「おすすめする」・「提案する」・「推薦する」という言葉に置き換えることができるでしょう。例文を味わう際はどんな言葉に置き換えることができるのかに注目してみましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

カタカナ語には「re」の付く言葉がたくさんある。「revival=リバイバル」・「release=リリース」・「review=レビュー」などだ。「リ」と発音する言葉と「レ」と発音する言葉の2種類あることにお気づきだろうか。実に興味深い。他にも探してみよう。

「レコメンド」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「レコメンド」の類義語はどのような言葉が考えられるのでしょうか。一緒に確認しましょう。

「アドバイス」

「レコメンド」の類義語には「アドバイス」が考えられるでしょう。「アドバイス」とは「忠告や助言をすること・勧告」の意。「アドバイス」と「レコメンド」は「相手のために情報を与える」という意味では共通していると言えるでしょう。

一方で、「アドバイス」の「助言」という意味は「追加して情報を与える」というニュアンスが強いですよ。また、「アドバイス」の「忠告」という意味においては「やや上から目線で少し強めの印象」を与えるでしょう。ニュアンスの違いを味わってくださいね。

\次のページで「「レコメンド」の対義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: